トピックス

ニコラス・ウィントンと669人の子どもたち 関連イベント 2017年1月8日(日)
『ニコラス・ウィントンと669人の子どもたち』スペシャルトーク開催決定!
第二次世界大戦開戦前夜、ナチス・ドイツの迫害を受けるユダヤ人の子どもたちを安全な国に疎開させる「キンダー・トランスポート」をチェコスロバキアで行い、669人もの子どもたちを救ったニコラス・ウィントン。「イギリスのシンドラー」と呼ばれた彼と彼に救われた子どもたちの足跡と人生を追ったドキュメンタリー『ニコラス・ウィントンと669人の子どもたち』の公開を記念して、ホロコーストにおける"加害"と"被害"についてのトークを開催します。

トーク:「普通の人びとにとってのホロコースト」
日 時:1/8(日) 12:10の回上映終了後
会 場:元町映画館2F
登壇者:望田幸男さん(同志社大学名誉教授、ドイツ近現代史)
※当日映画を観られた方対象、参加無料。
※トーク会場は劇場よりも狭いため、ご希望の方全員を収容できない場合もございます。予めご了承ください。

『ニコラス・ウィントンと669人の子どもたち』公式サイト→

MOOSIC LAB 2016 関連イベント 2017年1月7日(土)〜12日(木)
映画×音楽の祭典「MOOSIC LAB 2016」開催決定!
山戸結希、今泉力哉、大森靖子など新しい才能を輩出し続ける映画×音楽の祭典「MOOSIC LAB(ムージック・ラボ)」。第5回目となる「MOOSIC LAB 2016」では、"下ネタのナポレオン"と称されるスギムによる一人ユニット、クリトリック・リスや、ここ数年の活動停止により伝説化していた福岡の天才シンガーソングライターSACOYAN、当時現役女子高生だった松本花奈監督など、この企画ならではの個性的な面々がそろいます。第3回で準グランプリや観客賞などを受賞した『おんなのこきらい』のスピンオフ作品『あのこの話を少しだけ』も招待作品として上映が決定!

▼上映プログラム
【A】『脱脱脱脱17(MOOSIC LAB ver.)』松本花奈 × the peggies
【B】『光と禿』青木克齊 × クリトリック・リス
【C】『マグネチック』北原和明 × SACOYAN
   +『あのこの話を少しだけ』(招待作品)
【D】『夜、逃げる』山田佳奈(ロ字ック) × yonige
【E】『TOKYO INTERNET LOVE』スズキケンタ × ラブリーサマーちゃん
   +『あヴぁんだんドキュ』ぱくみゆう × あヴぁんだんど
【F】『愛のマーチ』伊藤祥 × 笹口騒音オーケストラ
   +『電気100%』幸洋子 × 食品まつり
【G】『神宿スワン』中山剛平 × 神宿

▼上映スケジュール
1/7(土) 18:40~【B】/20:00~【D】
1/8(日) 18:40~【C】
1/9(月) 18:40~【G】
1/10(火) 18:40~【A】
1/11(水) 18:40~【F】
1/12(木) 18:40~【E】

『MOOSIC LAB 2016』公式サイト→

Every day 関連イベント 2016年12月10日(土)〜16日(金)
『Every Day』初日舞台挨拶開催!ほかイベントも続々決定!
交通事故で昏睡状態にあるはずの恋人が現れ、「一週間、時間をもらったの」と告げた。そこから2人の生活は、日常を取り戻したかに見えて、これまでとは違う特別な時を刻みはじめる…。数々の短編が国内外の映画祭で評価を受けてきた手塚悟監督の初長編作『Every Day』の公開を記念して、公開初日に舞台挨拶を開催します!京都に拠点を置く劇団「ヨーロッパ企画」のメンバーである永野宗典さん、大阪出身の山本真由美さんと主演のおふたりはどちらも関西にゆかりのある方。また本作は東京で多くのリピーターを生み出したことから、上映期間中いろんな方向から『Every Day』を楽しめるイベントを次々と企画中。決まり次第随時こちらにアップしてまいりますのでお楽しみに!
※イベントは当日映画を観られた方対象、参加無料。
※開催内容、登壇者は予告なく変更になる場合もございます。予めご了承ください。

12/10(土) 18:10の回上映終了後
初日舞台挨拶
登壇者:永野宗典さん、山本真由美さん、手塚悟監督

12/11(日) 18:10の回上映終了後
倍速コメンタリー上映&トークショー
会場:元町映画館2Fシアタールーム
登壇者:山本真由美さん、手塚悟監督

12/12(月) 18:10の回上映終了後
舞台挨拶&トークショー
会場:元町映画館2Fロビー
登壇者:山本真由美さん、手塚悟監督

『Every Day』公式サイト→

弁護人 関連イベント 2016年12月23日(金)
『弁護人』スペシャルイベント開催決定!
韓国のノ・ムヒョン元大統領が弁護士時代に担当した冤罪事件をモチーフにした社会派ドラマ『弁護人』。パク・クネ大統領の進退問題で現在も情勢が揺れている韓国ですが、国家権力による国民への暴力を描く映画『弁護人』は、決してヨソの国の話ではありません。この日本でも3年前に成立した秘密保護法や、現在多数の批判が噴出している共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪)が成立すれば、民主主義そのものの根幹が揺らぐ事態になりかねないのです。現在多数の批判が噴出している共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪)について若手弁護士たちの演劇と解説で知るイベントの開催が決定しました。
自民党による改憲草案に反対し、憲法や情勢について一般の人にもわかりやすく伝える活動をしている「あすわか(明日の自由を守る若手弁護士の会)」。その兵庫支部では「劇団あすわかひょうご」を結成し、憲法などに関する演劇の上演活動をしています。ぜひこの機会に、一緒に考えてみませんか?

演劇「え、共謀罪?悪いことしてへんかったら大丈夫…よね!?」と解説
日時:12/23(金・祝) 14:50の回上映終了後
出演:北江康親、大多和優子、國富さとみ、八木和也(あすわか兵庫)
解説:吉田維一(あすわか兵庫)
会場:元町映画館2Fロビー
※当日映画を観られた方対象、参加無料。
 

ベストテン お知らせ 2017年1月1日(土)〜31日(火)
〈2016年モトエイBEST10〉投票お願いします!
みなさまは2016年、何本の映画を観られましたか?そのうち当館で観て印象に残っている作品はありますでしょうか。今年も1年間で上映した作品の中からBEST10を選出しちゃいます!みなさまの「これ!」と思う作品に投票してください!なんと、投票結果の上位作品を2017年の春にアンコール上映いたします!投票期間は1月1日から1月末日まで。この間には2F待合ロビーにて2016年に上映した作品のチラシをずら~っと貼り出します。こちらもぜひ投票とご一緒にお楽しみください!

【投票期間】
2017年1月1日~1月31日
 

弁護人 関連イベント 2016年12月17日(土)〜2017年1月6日(金)
ソン・ガンホ直筆サイン入りプレスプレゼント!
韓国の実力派俳優ソン・ガンホが主演し、本国で大ヒットを記録した社会派ヒューマンドラマ『弁護人』。当館にて本作をご鑑賞くださった方の中から抽選で1名様に"ソン・ガンホの直筆サインが入ったプレス"をプレゼントいたします!鑑賞日当日にお渡しする所定の応募用紙をスタッフまでお渡しください。先日10年ぶりに来日を果たした時のものです。ぜひご応募ください!

【応募期間】
12月17日(土)~1月6日(金) ※12/31は休映

【応募方法】
所定の応募用紙をスタッフまでお渡しください。
※当選は発送をもって代えさせていただきます。

『弁護人』公式サイト→

華麗なるリベンジ 関連イベント 2016年12月3日(土)〜23日(金)
カン・ドンウォン&ファン・ジョンミン直筆サイン入りフライヤープレゼント!
カン・ドンウォンとファン・ジョンミンが初共演を果たした痛快なバディムービー『華麗なるリベンジ』。当館にて本作をご鑑賞くださった方の中から抽選で1名様に"カン・ドンウォンとファン・ジョンミンの直筆サインが入った本国版フライヤー"をプレゼントいたします!鑑賞日当日にお渡しする所定の応募用紙をスタッフまでお渡しください。とくにカン・ドンウォンがこういったカタチでサインするのは非常に珍しいとのこと。ぜひご応募ください!

【応募期間】
12/3(土)~12/23(金)

【応募方法】
所定の応募用紙をスタッフまでお渡しください。
※当選は発送をもって代えさせていただきます。
 

Every Day お知らせ 2016年12月10日(土)
『Every Day』初日プレゼント!
交通事故で昏睡状態にあるはずの恋人が現れ、「一週間、時間をもらったの」と告げた。そこから2人の生活は、日常を取り戻したかに見えて、これまでとは違う特別な時を刻みはじめる…。数々の短編が国内外の映画祭で評価を受けてきた手塚悟監督の初長編作『Every Day』。初日12/10(土)にご鑑賞の方へ、卓上カレンダーのプレゼントが決定しました!ポストカードサイズでかわいい、未公開のスチルも含めた16枚構成の卓上カレンダーです。

『Every Day』公式サイト→

スラヴォイ・ジジェクの倒錯的イデオロギーガイド 関連イベント 2016年12月17日(土)
『スラヴォイ・ジジェクの倒錯的イデオロギーガイド』丹生谷貴志さんトーク開催決定!
スロベニアの哲学者スラヴォイ・ジジェクが古今東西の映画を読み解く『スラヴォイ・ジジェクの倒錯的映画ガイド』。その第2弾となる『倒錯的イデオロギー・ガイド』の公開が決定!『サウンド・オブ・ミュージック』『タクシードライバー』など有名映画の一場面に入り込んでそこに隠されたイデオロギーを読み解いていきます。引用される映画は実に26作品。これだけでも見応えアリ!
2010年当館での前作公開時に開催したトークがすこぶる面白いと話題を読んだ文芸評論家の丹生谷貴志さんに今回もお越しいただき、ジジェクによる挑発的ガイドをさらにガイドしていただきます!

日 時:12/17(土) 19:10の回上映終了後
登壇者:丹生谷貴志さん(文芸評論家・神戸市外国語大学教授)
※当日映画を観られた方対象、参加無料。

『スラヴォイ・ジジェクの倒錯的映画ガイド』公式サイト→

ハッピー濱口アワー 関連イベント 2016年12月24日(土)〜30日(金)
『ハッピーアワー』劇場公開1周年記念特集「HAPPY HAMAGUCHI HOUR! これまでとこれからの濱口竜介」開催決定!
神戸を舞台に、4人の女性の揺れ動く関係性と感情を丁寧に描いた『ハッピーアワー』。演技経験のない主演の4人がロカルノ国際映画祭にて最優秀女優賞を受賞したことでも大きな話題となりました。昨年12月、神戸で先行公開した際には連日多くの方が詰めかけ、上映時間5時間17分(3部制)という規格外の長さながら、立ち見が出るほどでした。
そんな『ハッピーアワー』が公開から1年を経て、ふたたび神戸に帰ってきます!今回は「これまでとこれからの濱口竜介」というテーマで、これまでに制作された数々の作品と、最新作である短編『天国はまだ遠い』を上映し、映画作家・濱口竜介の魅力に迫ります。

【上映期間】
12/24(土)~12/30(金)

【上映作品】
『ハッピーアワー』2015年/317分
『何食わぬ顔(long version)』2002年/98分
『PASSION』2008年/115分
『永遠に君を愛す』2009年/58分
『THE DEPTHS』2010年/121分
『親密さ』2012年/255分
『不気味なものの肌に触れる』2013年/54分
『天国はまだ遠い』2016年/38分
関連上映:『talk to remember』2015年/30分/監督:野原位
関連上映:『二十代の夏』2016年/42分/監督:高野徹

【料金】
1回券1300円/3回券3000円
『親密さ』のみ通し券2000円
※『ハッピーアワー』は3部制での上映となります。
※各種サービスデー適用外、招待券・5つ溜まったスタンプカードはご利用いただけません。

公式サイト→

ネクター 関連イベント 2016年12月24日(土)〜30日(金)
『エヴォリューション』3週目にルシール・アザリロヴィック監督の未公開短編『ネクター』併映決定!
ルシール・アザリロヴィック監督が2014年に制作した18分の短編映画『ネクター』を、『エヴォリューション』上映3週目限定で併映することが決定しました!『ネクター』は"蜂"をモチーフにした短編で、森の中に暮らす女王蜂とメイド蜂たちが織り成す密やかな儀式を艶かしく幻想的なタッチで描いた異色作。全国で4劇場のみの上映ですので、どうぞお観逃しなく!

【上映日程】
12/24(土)~12/30(金) 『エヴォリューション』19:40の回
※『ネクター』の後『エヴォリューション』の上映となります

【作品情報】
2014年/フランス/18分/配給:アップリンク
監督・脚本:ルシール・アザリロヴィック
出演:オルガ・リャザーノワ、ブリジット・ロシエロ、カンタン・ブリュシュー

《STORY》
とある森の、とある部屋。七人の女たちは慣れた手つきで、ある儀式に勤しんでいた。女王は自らの蜜を彼女たちに惜しみなく与え、新たなる生命の輪を回す。

『ネクター』公式サイト→

華麗なるリベンジ 関連イベント 2016年12月3日(土)〜
『華麗なるリベンジ』主演2人のコメント映像上映決定!
ファン・ジョンミンとカン・ドンウォンが初共演を果たした痛快なバディムービー『華麗なるリベンジ』。本作の公開を記念して、主演2人から日本のお客さまへのスペシャルメッセージ映像の上映が決まりました!本編前の上映となりますので、お観逃しないようお気をつけください。
※スペシャルメッセージの上映は予告なく終了となる場合があります。予めご了承ください。

『華麗なるリベンジ』公式サイト→

華麗なるリベンジ お知らせ 2016年12月3日(土)〜
『華麗なるリベンジ』2週連続来場者プレゼント決定!
ファン・ジョンミンとカン・ドンウォンが初共演を果たした痛快なバディムービー『華麗なるリベンジ』。本作の公開を記念して、来場された方へ生写真を2週連続でプレゼントします。配布の週で生写真の絵柄が変わりますのでご注意ください。
※限定数、先着順。なくなり次第終了します。
※配布はご鑑賞当日の受付順となります。

『華麗なるリベンジ』公式サイト→

華麗なるリベンジ お知らせ 2016年12月3日(土)〜
『華麗なるリベンジ』パンフレットご購入の方にポストカードプレゼント!
12/3(土)より公開の『華麗なるリベンジ』。上映初日より、作品情報やキャストインタビューなど内容盛りだくさんのパンフレット(税込700円)を販売します。なんと初回印刷分限定で、オリジナルポストカードが封入されています!ぜひ早めにお求めください。

『華麗なるリベンジ』公式サイト→

みかんの丘 関連イベント 2016年12月11日(日)
『みかんの丘』『とうもろこしの島』公開記念トークイベント開催決定!
コーカサスの国グルジア(ジョージア)で起きた紛争を背景に戦火が広がる今日、人間としてあるべき姿、戦争の真実を描き、世界の賞賛に包まれた『みかんの丘』『とうもろこしの島』を一挙公開。グルジア映画の近年を代表する傑作の公開を記念して、あまり知られていないグルジアという国のこと、作品の背景についての知識を深められるトークを開催します。

トーク:「やはり"グルジア映画"と名づけたい寓話の世界 『みかんの丘』と『とうもろこしの島』」
日 時:12/11(日)『とうもろこしの島』14:20の回上映終了後
会 場:元町映画館2F
登壇者:扇千恵さん(ロシア映画紹介者)
※当日映画を観られた方対象、参加無料。

『みかんの丘』『とうもろこしの島』公式サイト→

秋の理由 関連イベント 2016年12月17日(土)
『秋の理由』福間健二監督舞台挨拶開催決定!
福間監督自身による同名詩集を原作とした映画『秋の理由』。書けない作家、書かせたい編集者と作家の妻、そこへ現れる作家のファンだという不思議な少女。生きることとこの世界への問いかけを、伊藤洋三郎、佐野和宏、寺島しのぶ、趣里の実力派俳優たちで描く。本作の公開を記念して、福間健二監督の舞台挨拶を開催します!

日 時:12/17(土) 10:30の回上映終了後
登壇者:福間健二監督
※当日映画を観られた方対象、参加無料。

『秋の理由』公式サイト→

  
シネクラブ シネクラブ 2016年12月18日(日)
元町シネクラブvol.38開催!
「あの映画のシーンはどういう意味だったんだろう」「あの演出はあの監督だからできたんだ」映画には1人1人違う見方がある!大好きな映画の良さをもっと知ってほしい、作品のことを知り、映画に詳しくなりたい。そんな皆様、シネクラブへぜひお越しください。初心者から映画通までいますが、心配ご無用。特に初心者の皆様はぜひオススメです。初対面の人と映画の話をする機会なんて滅多にないですよ。お題映画を設定していますが、たま~に他の映画の話になってしまうことも。ご予約は不要です。映画初心者、学生大歓迎!お気軽にお越しください。

◎元町シネクラブvol.38
日 時:12/18(日) 13:30~15:00
会 場:元町映画館2F
参加費:200円(お茶代)※学生は100円
お題映画:『奇跡の教室』『将軍様、あなたのために映画を撮ります』『みかんの丘』『とうもろこしの島』
(お題は全作ご覧になっていなくても大丈夫ですので、お気軽にお越し下さい)
 

更新情報


 2016.12.9

 スケジュール、上映作品更新しました。


 2016.12.8

 イベントレポート更新しました。


 2014.11.1

 ウェブサイトをリニューアルしました。

本日の上映作品

Tweets