トピックス

湾生回家 関連イベント 2017年1月21日(土)
『湾生回家』出演者とプロデューサーによる舞台挨拶開催!
戦前の台湾で生まれ育った日本人「湾生」。敗戦後、強制的に日本に強制送還された彼らは、台湾という大切な「故郷」を去ることになった。高齢化によって忘れさられようとする現実を台湾の人々の心とまなざしとともに記録した本作の上映を記念して、出演者とプロデューサーによる舞台挨拶が決定しました。

日 時:1/21(土) 12:30の回上映終了後
登壇者:家倉多恵子さん(出演者)内藤諭プロデューサー
※当日映画を観られた方対象、参加無料。

『湾生回家』公式サイト→

スポーツ映画祭 関連イベント 2017年2月4日(土)〜17日(金)
『裏切りの街』出演者&監督サイン入りポスターが当たる《裏切らない三都物語》キャンペーン開催!
『愛の渦』『何者』の三浦大輔監督が、自身が主宰する劇団ポツドールの舞台を映画化し、池松壮亮と寺島しのぶが共演した『裏切りの街』。1/21(土)より大阪・第七藝術劇場、2/4(土)より神戸・元町映画館、2/11(土)より京都・京都みなみ会館と京阪神の連続公開を記念して、3館で本作をご鑑賞いただいた方を対象に「裏切らない」サイン入りポスター抽選プレゼント企画を実施することになりました!

★プレゼント
『裏切りの街』サイン(※)入りB2ポスター/1名さま

※三浦大輔、池松壮亮、寺島しのぶ、中村映里子、落合モトキ、駒木根隆介、峯田和伸(敬称略)以上7名の直筆サイン

【応募方法】
対象劇場にて『裏切りの街』鑑賞時に応募用紙を配布します。必要事項をご記入のうえ、スタッフまでお渡しください。元町映画館での応募は上映終了の2/17(金)までとなります。

【当選発表】
各劇場にてご応募いただいた方の中から厳正なる抽選を行い、京都みなみ会館の上映最終日となる2/24(金)以降に当選者を決定いたします。当選の発表は、商品の発送をもって代えさせていただきます。
 

Smoke お知らせ  
『牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』全映画ファン待望のリバイバル上映決定!
エドワード・ヤン監督が1991年に発表し映画史上に残る傑作として世界的に評価されながらも、日本では初上映以来DVD化もされずにいた伝説の作品『牯嶺街少年殺人事件』が、25年ぶりに映画館のスクリーンに帰ってきます!!! 日本で劇場公開された当時は3時間8分のヴァージョンでしたが、今回は本作完成時の当初のヴァージョンである3時間56分版での上映となります。2017年の映画界最大の事件を、どうぞお観逃しなく。

★本作は特別興行料金となります。下記注意をお読みの上ご来場ください。
【当日料金(一律)】2,200円
【前売券(販売中)】1,800円
※シニア・学生料金、サービスデーなどの各種割引や、招待券・5つたまったスタンプカードなどでの無料鑑賞はできません。

『牯嶺街少年殺人事件』公式サイト→

神聖なる一族24人の娘たち 関連イベント 2017年2月4日(土)
『神聖なる一族24人の娘たち』スペシャルトーク開催決定!
ロシア西部のボルガ川流域で500年にわたり独自の言語と文化を守り続けてきたマリ・エル共和国の説話をモチーフに、「O」から始まる名前を持つ24人の女性の"生"と"性"にまつわる不思議な物語を描いた『神聖なる一族24人の娘たち』。公開を記念して、ロシア人の民間信仰を専門とする藤原潤子さんにお越しいただき、この不思議な世界をより深く楽しめるスペシャルトークを開催します!

トーク:「ロシア人とマリ人の呪術文化」
日 時:2/4(土) 15:00の回上映終了後
会 場:元町映画館2F
登壇者:藤原潤子さん(神戸市外国語大学准教授)
※当日映画を観られた方対象、参加無料。

『神聖なる一族24人の娘たち』公式サイト→

ちょき 音声ガイド付き上映会 2017年2月2日(木)
『ちょき』音声ガイド付き上映開催決定!
和歌山を舞台に、盲目の少女と美容師のちいさな恋を描いた『ちょき』。「関西音声サポート」さんご協力のもと、視覚障害をお持ちの方にも映画を楽しんでいただける「音声ガイド付き上映」を開催します。ぜひこの機会にお越しください。

【音声ガイド付き上映】
日時:2/2(木) 10:30の回
協力:関西音声サポート→
※視覚障害をお持ちの方やご希望の方に、副音声が流れるイヤホン付きラジオを貸し出します。
『ちょき』公式サイト→

Smoke フィルムで観る 2017年2月25日(土)〜3月10日(金)
アナタはどっち派?!フィルム or デジタル
今から21年前、恵比寿ガーデンシネマで25週に渡る記録的なロングラン上映を果たし、今もなお愛され続ける不朽の名作『Smoke』。今回のリバイバル公開では、デジタルリマスター版で全国を回っていますが、封切り時の35mmフィルムが現存しているということで、当館ではフィルムとデジタル2つの上映素材を日替わりで交代しながら公開いたします!上映素材という少々マニアックなテーマですが、フィルムとデジタルの違いを知り、それぞれの魅力について考える機会になればと思います。違いを体感していただくために2回目の鑑賞料金が1000円になる割引サービスを実施するほか、関連イベントも計画中。『Smoke』はぜひ元町映画館で!

『Smoke』上映期間:2/25〜3/10
フィルム上映日:2/25、2/27、3/1、3/3、3/5、3/7、3/9
デジタル上映日:2/26、2/28、3/2、3/4、3/6、3/8、3/10

『Smoke』公式サイト→

でんげい 関連イベント 2017年1月29日(日)
『でんげい』中村一成さんスペシャルトーク開催決定!
2014年、"文化のインターハイ"ともいわれる全国高等学校総合文化祭に、在日コリアンが通う白頭学院建国高等学校の伝統芸術部が「大阪代表」として挑む姿を追ったドキュメンタリー『でんげい』。本作の公開を記念して、フリージャーナリストの中村一成さんにお越しいただき、共生や社会的な豊かさを考えるトークを開催します。

トーク:「日本に民族学校があるという豊かさ」
日 時:1/29(日) 12:30の回上映終了後
会 場:元町映画館2F
登壇者:中村一成さん(フリージャーナリスト)
※当日映画を観られた方対象、参加無料。
※トーク会場は劇場よりも狭いため、ご希望の方全員を収容できない場合もございます。予めご了承ください。
 

ちょき 関連イベント 2017年1月21日(土)
『ちょき』金井純一監督舞台挨拶決定!
盲目の少女と美容師のちいさな恋を、自然豊かな和歌山市を舞台に描いた『ちょき』。2012年に制作し国内外で高い評価を得た短編『転校生』で増田璃子さんを抜擢した金井純一監督が、再び彼女を主演に迎えて書き下ろしたオリジナルストーリーによる新作長編です。公開を記念して、初日に金井純一監督の舞台挨拶の開催が決定しました!

日 時:1/21(土) 16:40の回上映終了後
登壇者:金井純一監督
※当日映画を観られた方対象、参加無料。

『ちょき』公式サイト→

ベストテン お知らせ 2017年1月1日(土)〜31日(火)
〈2016年モトエイBEST10〉投票お願いします!
みなさまは2016年、何本の映画を観られましたか?そのうち当館で観て印象に残っている作品はありますでしょうか。今年も1年間で上映した作品の中からBEST10を選出しちゃいます!みなさまの「これ!」と思う作品に投票してください!なんと、投票結果の上位作品を2017年の春にアンコール上映いたします!投票期間は1月1日から1月末日まで。この間には2F待合ロビーにて2016年に上映した作品のチラシをずら~っと貼り出します。こちらもぜひ投票とご一緒にお楽しみください!

【投票期間】
2017年1月1日~1月31日
 

  
シネクラブ シネクラブ 2017年2月19日(日)
元町シネクラブvol.40開催!
「あの映画のシーンはどういう意味だったんだろう」「あの演出はあの監督だからできたんだ」映画には1人1人違う見方がある!大好きな映画の良さをもっと知ってほしい、作品のことを知り、映画に詳しくなりたい。そんな皆様、シネクラブへぜひお越しください。初心者から映画通までいますが、心配ご無用。特に初心者の皆様はぜひオススメです。初対面の人と映画の話をする機会なんて滅多にないですよ。お題映画を設定していますが、たま~に他の映画の話になってしまうことも。ご予約は不要です。映画初心者、学生大歓迎!お気軽にお越しください。

◎元町シネクラブvol.40
日 時:2/19(日) 13:30~15:00
会 場:元町映画館2F
参加費:200円(お茶代)※学生は100円
お題映画:『でんげい』『湾生回家』『神聖なる一族24人の娘たち』『台湾新電影(ニューシネマ)時代』
(お題は全作ご覧になっていなくても大丈夫ですので、お気軽にお越し下さい)
 

更新情報


 2017.1.20

 スケジュール、上映作品更新しました。


 2017.1.19

 イベントレポート更新しました。


 2014.11.1

 ウェブサイトをリニューアルしました。

本日の上映作品

Tweets