トピックス

お知らせ
緊急のお知らせ

【緊急のお知らせ】
隣地建設工事<その2>に伴う重要なお知らせ

元町映画館の東に隣接した敷地において木造新築工事が12月現在進行中です。
かねてよりお知らせしてきましたその東にある12階建てのマンションとは別件になります。

工事期間
2018年12月現在~2019年3月末予定
工事時間
「2月19:00〜」「3月8:00〜18:00」 雨天中止
施工業者
アイ工務店

担当者:浦 隆志 連絡先:TEL078-381-6306


予想された工事による騒音の映画鑑賞への影響を軽減すべく劇場内の防音工事を2017年に自主的に実施いたしました。
しかし現在その騒音を完全に防ぎきれてはおりません。

特に2019年3月中旬までは、大きめの騒音が劇場内にも影響することが考えられます。

現状、通常通り営業を続ける予定ですが、工事終了まではご迷惑をおかけいたします。
施工業者とは対策も話し合っており、工事期間中も状況に応じて連絡を取り合い、随時対応してまいります。
たいへん申し訳ございませんが、あらかじめご了承くださいませ。

また、お客さまからのご意見を頂戴する専用のメールアドレスを開設いたしました。工事の影響に関すること、またそれ以外でも結構です。些細でも気になったことをお気軽にお寄せください。
customer@motoei.com

お知らせ
2017年10月~2019年2月予定

隣地マンション建設工事に伴う重要なお知らせ

元町映画館の東隣の敷地に12階建てのマンションが建つことになり、10月より建設工事が始まっております。

工事期間
2017年10月~2019年2月予定
工事時間
月~土曜の8:00~18:00予定
施工業者
生和コーポレーション株式会社

担当者:細川英一 連絡先:TEL078-333-1730


工事による騒音で映画鑑賞が妨げられることへの影響を軽減すべく劇場内の防音工事を自主的に実施いたしましたが、完全に防ぎきれるものではありません。特に基礎工事中の2018年2月までは、大きめの騒音や振動が劇場内にも影響することが考えられます。
現状、通常通り営業を続けていく予定ですが、工事終了まではご迷惑をおかけいたします。施工業者とは対策も話し合っておりますが、工事期間中も状況に応じて密に連絡を取り合い、随時対応してまいります。たいへん申し訳ございませんが、あらかじめご了承くださいませ。

また、お客さまからのご意見を頂戴する専用のメールアドレスを開設いたしました。工事の影響に関すること、またそれ以外でも結構です。些細でも気になったことをお気軽にお寄せください。
customer@motoei.com

関連イベント
2019年4/7(日)

『ナディアの誓い -On Her Shoulders』ナディア・ムラドさん自伝翻訳者トークイベント開催決定!

ISIS(イスラム国)により家族を殺され、自身は捕らえられ性奴隷とされた23歳のナディア・ムラドさん。命からがら脱出に成功し、被害者をなくすため表舞台に立ち痛ましい体験を苦しみながらも訴え続け、2018年ノーベル平和賞を受賞した彼女の闘いに迫るドキュメンタリー『ナディアの誓い』。公開を記念して、ナディア・ムラドさんの自伝「THE LAST GIRL」を翻訳された吉井智津さんと編集者の大竹裕章さんにお越しいただき、トークしていただきます。

日時
4/7(日) 10:30の回上映終了後
会場
元町映画館2Fイベントスペース
登壇者
吉井智津さん(出版翻訳者)、大竹裕章さん(東洋館出版社編集部)

※当日映画を観られた方対象、参加無料

関連イベント
2019年4/7(日)

『Noise』松本優作監督舞台挨拶開催決定!

ポップカルチャーの聖地・秋葉原。10年前の6月8日に起きた無差別殺傷事件をモチーフに、母親を殺された地下アイドル、家を捨てて秋葉原で生きようとする少女、救いを見出せず怒りを秋葉原の街にぶつけようとする配達員ら、絶望の中に生きる若者たちの姿を描く『Noise』。2月に開催した「次世代映画ショーケース」でも好評を博した本作の公開を記念して、神戸出身で本作が長編デビュー作となる松本優作監督の舞台挨拶を開催します。

日時
4/7(日) 19:10の回上映終了後
登壇者
松本優作監督

※当日映画を観られた方対象、参加無料

関連イベント
2019年4/6(土)

『YUKIGUNI』公開記念2大企画「雪国」が飲めるカクテルパーティー、監督×バーテンダーによるトークイベント同時開催!

今年誕生から60年を迎えるスタンダードカクテル「雪国」。このカクテルの誕生秘話と、創作者の井山計一さんの半生を描いたドキュメンタリー映画『YUKIGUNI』。日本各地のバーテンダーに愛される「雪国」。“Bar”にはなぜ人は集い、話をするのか。激動の時代を生きてきた井山さんだから生まれた愛すべき作品。「映画に出てきたお酒は飲みたくなるのが当館のモットー」、ということで今回も上映後に「雪国」のカクテルパーティーを開催します。さらに神戸の名店「Bar SAVOY hommage(バー・サヴォイ・オマージュ)」オーナー・バーテンダーの森崎和哉さんに「雪国」を振舞っていただきます。この機会にぜひ舌でも映画をお楽しみください。

【カクテルパーティー&トークイベント概要】


日時
4/6(土)12:30回上映終了後
場所
元町映画館2階イベントスペース
「雪国」価格
500円(税込)
ゲスト
渡辺智史監督
1981年、山形県鶴岡市生まれ。東北芸術工科大学環境デザイン学科卒業。卒業後上京後に、ドキュメンタリー映像制作に従事する。2012年にドキュメンタリー映画『よみがえりのレシピ 』を公開。教育映像「在来作物で味覚のレッスン」が第9回キッズデザイン賞の「未来を担う消費者デザイン部門」で優秀賞。地域課題に真摯に向き合う、ソーシャルデザインとしての映像制作を探求している。有限責任事業組合いでは堂、共同代表。
バーテンダー
森崎和哉さん
1977年7月27日生まれ、現在41歳。2000年、神戸の老舗バー「SAVOY」入店。2006年独立。現在、神戸・花隈にて SAVOY hommage オーナーバーテンダーを務める。神戸市優秀技能者表彰受賞。その他にAM558ラジオ関西 「ゴローの呑んで話そう」ゲストパーソナリティーやNHK神戸文化センターカルチャースクール講師を務める。2018NBA全国バーテンダー技能競技大会、総合第3位。

注意事項

カクテルバーティーについて
※当日映画をご覧対象です。映画をご覧になっていない方は購入をお断りする可能性がございます。
※数に限りがございます。多くの来場者があった場合、販売数量を調整させていただく可能性がございます。
※「雪国」はアルコール入りです。当日は公共交通機関をご利用ください。

トークイベントについて
※当日映画をご覧になったかたは無料でトークイベントに参加可能。
※定員40名。当日先着で整理券を配布予定(なくなり次第終了)。

『YUKIGUNI』公式サイト→

関連イベント
2019年3/23(土)〜29(金)

『鉱 ARAGANE』小田香監督の短編を日替りで連日併映&トークイベント開催!

『ニーチェの馬』などで知られる伝説の映画作家タル・ベーラが創設した映画学校〈film.factory〉の一期生である大阪出身の映像作家、小田香。タル・ベーラ監修のもと、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ首都近郊にある100年の歴史を持つブレザ炭鉱の地下300メートルの世界をひたすらに見つめ続け制作した『鉱 ARAGANE』は、長編デビュー作ながら、山形国際ドキュメンタリー映画祭で受賞したほか世界各国の映画祭に招かれ驚きをもたらしました。
圧倒的な世界観を持つ『鉱 ARAGANE』に加え、小田監督がその前後に制作した短編作品を連日日替わりで併映します。短編も一緒に観ていただくことで、小田香という映像作家が見つめ、追い、掴もうとしているもの、この稀有な作家の表現の源泉を知っていただけたらと考えています。
小田監督をよく知る方たちによるトークも開催します。

【併映作品】


3/23(土)
『メキシコリサーチ映像』2018年/12分
3/24(日)
『風の教会』2018年/12分
3/25(月)
『FLASH』2015年/25分
3/26(火)
『色彩論 序章』2017年/6分 + 『天』2017年/10分
3/27(水)
『TUNE』2018年/5分 + 『シネ・ヌーヴォ20thプロジェクト』2017年/18分
3/28(木)
『ひらいてつぼんで』2012年/13分
3/29(金)
『呼応』2014年/19分

【トークイベント】


①3/23(土)上映終了後
登壇者:小田香監督、江利川憲さん(フリー編集者)

②3/24(日)上映終了後
登壇者:小田香監督、三浦博之さん(写真家)

③3/27(水)上映終了後
登壇者:小田香監督、山崎紀子さん(シネ・ヌーヴォ支配人)

※当日映画を観られた方対象、参加無料

お知らせ
2019年4/20(土)

カメラを持つことは、“自分”を見つめること—。「モトプロ映画祭2019」開催決定!

元町映画館の人気講座「池谷薫ドキュメンタリー塾」から生まれ、2018年2月に結成した映像制作サークル「元町プロダクション(=モトプロ)」。池谷薫さんの講義を聞いた参加者が「実は私も撮ってみたいものがあって…」と次々打ち明けたのが結成のきっかけでした。それから各自のテーマに向き合い、人生初の映画制作に取り組んできました。その活動は新聞やテレビでも取り上げられ、注目を集めています。初めての発表の場となる今回、出品者は8名。その成果をぜひご覧ください。また、関心のある方はぜひ活動にもご参加ください!

上映プログラム


【4/20(土)】☆各作品上映後に監督舞台挨拶あり
10:00~12:15
[A]プログラム
『妹は、ピンクがお好き!』30分予定/監督:石倉悦子
『お元気ですか? ~西宮甲寿園の人々~』30分予定/監督:赤松敏博
『聖ちゃんの結婚』30分予定/監督:鎌田隆男
12:30~14:50
[B]プログラム
『和さんへ ~戦後73年目のフィリピン行~』30分予定/監督:田中園子
『海の日曜日』75分予定/監督:中北富代
15:10~18:00
[C]プログラム
『第七感 ~見えないけれど、見えてくるもの~』30分予定/監督:江藤美智子
『ようこそ!私の水中世界へ』20分予定/監督:熊田佳奈子
『母と私とセックスと(仮)』70分予定/監督:油谷佳歩

※各プログラム内の上映順は変更になる場合があります

料金

《前売券》
3プログラム通し券 2,500円
1プログラム券 1,200円

《当日券》
3プログラム通し券 3,000円
1プログラム券 一般1,500円/ほか割引通常通り

元町プロダクション公式Facebook→

関連イベント
2019年3/16(土)~3/29(金)

イタリア映画不朽の傑作8作品を一挙上映!「イタリア クラッシコ映画祭」開催決定!

豊穣な作品を多数生み出してきたイタリア映画が誇る“永遠の古典”=クラッシコ。〈ジャンル映画の愉悦〉、〈ネオレアリズモとその系譜〉と2つのテーマに合わせてセレクトされた8作品を、オール新訳&デジタルリマスター版で一挙公開!

上映期間
3/16(土)~3/29(金)
連日10:30より8作品日替り上映
上映スケジュールはこちら→

上映作品

ジャンル映画の愉悦


『ヘラクレス』1958年/103分
『ヘラクレスの逆襲』1959年/100分
『ナポリの饗宴』1954年/129分
『イタリア式離婚狂想曲』1961年/105分

ネオレアリズモとその系譜


『にがい米』1949年/107分
『暗殺指令』1959年/100分
『ゼロ地帯』1960年/118分
『太陽の誘惑』1960年/105分

お知らせ
2019年4月〜6月

「池谷薫ドキュメンタリー塾」第5期/4月より開講!

ドキュメンタリーは好きだけど、いまいち観かたがわからない。ドキュメンタリーの面白さを、もっと知りたい。そんな方にぴったりの連続講座「池谷薫ドキュメンタリー塾」を今年も開講します!
世界を映し出す鏡であるドキュメンタリー。そこには劇映画に引けを取らない“人間ドラマ”が存在します。対象との関係の築き方、撮影・編集のテクニック、ドキュメンタリーならではの演出法…数々の国際映画賞に輝く池谷薫監督が、自作の上映と、映像クリップを駆使しての熱い解説を繰り広げます。
ドキュメンタリーについて深く学びたい方、映像制作に興味のある方、ふるってご参加ください!

日時・カリキュラム


各回18:45受付・開場|19:00開始(21:00終了予定)
【第1回】
4/4(木)
ドキュメンタリーはフィクションである
[鑑賞作品:NHKスペシャル『黄土の民はいま』]
【第2回】
4/18(木)
あくなき“欲望”を撮る
[鑑賞作品:NHKスペシャル『西方に黄金夢あり』]
【第3回】
5/9(木)
人間の“尊厳”とは何か
[鑑賞作品:映画『延安の娘』]
【第4回】
5/16(木)
劇映画を超えるドラマ性
[映像クリップを使った『延安の娘』の徹底解説]
【第5回】
5/30(木)
セルフドキュメンタリーの可能性とは
[鑑賞作品:モトプロ映画祭出品作品]
【第6回】
6/13(木)
戦争映画における“記憶と記録”
[鑑賞作品:映画『蟻の兵隊』]
【第7回】
6/20(木)
いかにして“共犯関係”を築くか
[映像クリップを使った『蟻の兵隊』の徹底解説]

受講料

各回2,000円/全7回受講10,000円
※学生はいずれも半額
※初回受講時に全額お支払いとなります
※いかなる場合もお支払い後の返金はできかねます

定員

各回35名

お申込み

ドキュメンタリー塾の公式Facebookページにアクセスし、「予約する」ボタンからご希望の日程をお申込みください。元町映画館店頭やお電話でも受付しています。

公式Facebook→
元町映画館 TEL:078-366-2636

関連イベント
2019年3/24(日)・31(日)

『21世紀の女の子』関連企画上映会/「21世紀ガール」開催決定!

企画・プロデュースを務める山戸結希監督の呼びかけにより集結した1980年代後半から1990年代生まれの新進女性監督15名による8分の短編作品のオムニバス映画『21世紀の女の子』。その挑戦的な企画や各作品の個性や注目の新進俳優の出演などで話題になりました。
せっかく面白い作品を生み出す若い監督たちに注目が集まったので、さらにそれぞれの監督のことを知ってもらおうと、『21世紀の女の子』に参加している9人の監督たちがこれまでに制作した短編作品の上映会を企画しました。ここでしか観られない作品ばかりの貴重な機会です。ぜひ気になった監督の新たな一面を発見してください。

上映プログラム


【3/24(日)】※各回10分前より受付開始
13:00~
『玉城ティナは夢想する』(山戸結希監督/10分)
+『永遠の少女』(安川有果監督/23分)
14:00~
『また一緒に寝ようね』(首藤凜監督/43分)
15:00~
『みつこと宇宙こぶ』(竹内里紗監督/40分)
16:00~
『溶ける』(井樫彩監督/45分)
【3/31(日)】※各回10分前より受付開始
13:00~
『Girls of Cinema』(山戸結希監督/9分)
+『食べる虫』(金子由里奈監督/29分)
14:00~
『さよならスピカ』(枝優花監督/42分)
15:00~
『サヨナラ人魚』(加藤綾佳監督/48分)
16:00~
『おばけ』(坂本ユカリ監督/43分)

会場

元町映画館2Fイベントルーム(受付も2Fで行います)

定員

各回30名

料金

1プログラム800円均一
1日通し券2,800円
※前売券、予約はございません

関連イベント
2019年3/30(土)

ロングランヒット作『少女邂逅』のアナザーストーリー『放課後ソーダ日和 -特別版-』1日限定の舞台挨拶付き上映開催決定!

モトーラ世理奈、穂志もえか主演/枝優花監督『少女邂逅』のスピンオフとして配信されたWEBドラマ「放課後ソーダ日和」。森田想、蒼波純、田中芽衣演じる3人の女子高生が、さまざまな悩みを抱えながらもいろんなお店でおいしいクリームソーダに出会う日常を描いたこのドラマの劇場用再編集版となる『放課後ソーダ日和 -特別版-』を1日限定で上映します!上映後には主演の森田想さん、枝優花監督の舞台挨拶とサイン会も開催。少女写真家の飯田エリカさん、枝監督によるPHOTOBOOKや配信されたドラマ版も収録された本作のBlu-rayも劇場にて先行販売します。

日時
3/30(土) 17:40より上映、上映後舞台挨拶
登壇者
枝優花監督、森田想さん

※特別興行のため、招待券、5つたまったスタンプカードでのご入場はできません。

関連イベント
2019年3/23(土)

『山〈モンテ〉』アミール・ナデリ監督舞台挨拶開催決定!

村の眼前にそびえる壮大な山。太陽の光を遮るため作物は育たず、飢えた家族とこの地で生きるためにあらゆる手を尽くしたことで家族をも失い、すべてを苦しめる忌まわしき山と対峙する一人の男を中世後期のイタリアを舞台に描いた『山〈モンテ〉』。公開を記念して、イラン映画の巨匠アミール・ナデリ監督の舞台挨拶開催が決定しました!

日時
3/23(土) 14:50の回上映終了後
登壇者
アミール・ナデリ監督

※当日映画を観られた方対象、参加無料
※この日のみ特別興行のため、招待券や5つたまったスタンプカードでのご入場はできません

関連イベント
2019年3/16(土)・30(土)

ファスビンダー監督の挑戦的作品『第三世代』にてスペシャルトーク開催決定!

ニュー・ジャーマン・シネマの旗手、ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー。男性から女性へと性転換したエルヴィラの最期の5日間を、様々なイメージをセンセーショナルに提示しながら描くファスビンダー最大の問題作『13回の新月のある年に』。革命への理念を持たず、目先のスリルだけを追い求めるテロリストたちを、言葉と音の叛乱により描くファスビンダー作品の中で最も難解で自由な『第三世代』。そのフィルモグラフィーの中で最も挑戦的な2作品の公開を記念して、ドイツ映画研究者でこの2作品の翻訳も手がけた渋谷哲也さんにお越しいただき、作品を読み解くスペシャルトークを開催します。

『第三世代』

日時
3/30(土) 13:10の回上映終了後
会場
元町映画館2Fイベントスペース
登壇者
渋谷哲也さん(ドイツ映画研究/本作字幕翻訳)

※当日映画を観られた方対象、参加無料

関連イベント
2019年3/24(日)

『モアナ 南海の歓喜』ピアノ生演奏付き上映開催決定!

『極北のナヌーク』で知られるドキュメンタリー映画の父、ロバート・フラハティが、南太平洋サモア諸島で暮らすルペンガ一家の息子・モアナの結婚を記録した1926年の『モアナ』。当時3歳で両親とともにサモアに滞在したフラハティの娘モニカが、多くの住民たちの協力を得て音声を加えた『モアナ 南海の歓喜 サウンド版』を1980年に完成、さらに今回デジタリリストア版として蘇りました。
公開を記念して、サイレント映画演奏家の鳥飼りょうさんのピアノ生演奏付き上映を開催します。本作の生演奏付き上映は本邦初!サウンド版を観られた方も、ぜひこの特別な機会にお越しください。

日時
3/24(日) 12:50の回
料金
2,000円均一
※この回のみ、招待券・5つたまったスタンプカードはご使用いただけません。
生演奏
鳥飼りょうさん
|プロフィール|サイレント映画伴奏者。ピアノ、パーカッション、トイ楽器等を演奏。
全ジャンルの映画に即興で伴奏をつけ、これまでに演奏した作品数は400を超える。映画に寄り添うその演奏は好評を博し、国内・海外の映画祭にも招聘されている。また、オーケストラへの客演やダンスとの即興演奏にも取り組むなど、多彩な活動を展開。
現在、年間100公演以上のサイレント映画伴奏を行っており、最も上映会で演奏する伴奏者のうちのひとりとして活動。

Facebook →
Twitter →





お知らせ
2018年3月

元町映画館スタッフが
レギュラーでラジオに出演中。

当館の広報スタッフをはじめ、
劇場スタッフが下記ラジオ番組にて出演中。
映画の面白さを発信しております。
劇場招待券などリスナープレゼントもあり。
ぜひお聴き逃しなく!!

BAN-BANラジオ

番組名
「ウキバンFRIDAYの1コーナー Cinema Cafe Brava」
MC:石川麻優さん
放送局
BAN-BANラジオ
FM86.9MHz
番組内容
観た後に「ブラボー」と言いたくなるような映画情報をお伝えしていきます。
今日も映画好きなお客さんが来てくれますよ~
放送日
4/12(金)13:10頃から15分間
※毎月第2金曜日、生放送
再放送は当日午後9時過ぎから放送
紹介映画
「イスラーム映画祭」

ラジオ関西

番組名
「谷五郎の笑って暮らそう」の1コーナー
『元映・宮本のシネマこの1本!』
MC:谷五郎さん(メイン)、
田名部真理さん(アシスタント)
放送局
ラジオ関西
JOCR 558KHz
番組内容
毎週土曜日の午前8時から兵庫県内のオススメ情報、旬な話題などを取り上げながら毎回ゲストを交えての楽しいトークでお送りする2時間の生放送!
土曜日の朝は谷五郎と一緒に笑って暮らそう!
放送日時
3/16(土)9:30〜15分間
※毎月第3土曜日、生放送
紹介映画
『金子文子と朴烈』
(監督:イ・ジュンイク/2017年/韓国/129分/Anarchist from the Colony)

動画配信サービスSHOWROOM

番組名
「狐娘と路上の華」
MC:寺元沙羅さん
番組内容
モデルとしても活躍する寺元沙羅さんをメインMCに身近にある音楽・元町映画館で上映予定の映画を含め「あまり知られていないけれども、どこか光っている」モノやコト、「人や、人がつくったもの」について、ゲストとともに紹介。
配信日
3/25(月)
※毎月第4月曜日20:00~21:30

エフエムみっきぃ

番組名
「もっと映画を観よう!~元町映画館シネマガイド~」
MC:アケさん
放送局
エフエムみっきぃ
76.1MHz
番組内容
三木市には映画館がありません。映画を観ようと思ったら、車や電車で1時間くらい移動しなければなりません。でも、時間とお金をかけても、映画には魅力があります。三木市の皆さんにもっと映画を観て頂きたく、今月から始まったこのコーナーは、神戸元町4丁目にある、元町映画館の方に電話を繋いで、現在公開中の映画、近々公開される作品の紹介など、映画の魅力をたっぷりお聞きします。
放送日時
3/12(火)18:00~18:15
※※毎月第2火曜日、生放送
紹介映画
『YUKIGUNI』
(監督:渡辺智文/2018年/日本/87分)

関連サイト

BAN-BANラジオ →
ラジオ関西 →
「イスラーム映画祭」公式サイト →
『金子文子と朴烈』公式サイト →
『YUKIGUNI』公式サイト →
寺元沙羅さんTwitter →
寺元沙羅さんInstagram →
SHOWROOM →
エフエムみっきぃ →
 

※リスナープレゼントあり。
生放送のため、当日の内容は変更になることもございます。
予めご了承ください。

お知らせ
毎週木曜日

元町映画館ほぼ初冠ラジオ番組「シネマルネサンス」放送中

元町映画館ほぼ初冠ラジオ番組「シネマルネサンス」放送中
神戸のコミュニティFM局「FM MOOV」より文化を発信、取り入れるラジオ番組「シネマルネサンス」が放送中です。MCは当館スタッフの宮本裕也、音楽家の安井麻人さん、美術作家のキムラユウナさん。映画紹介や神戸で活躍するゲストと一緒にトークも展開。この番組でしか聴けないトークをぜひお楽しみください。また番組を応援してくれるサポーターも募集中。リスナーからのメッセージもじゃんじゃん募集中。番組内でご紹介したメッセージにはリスナープレゼントもお送りします。全国のみなさまどうぞお聴きください。一緒に神戸を盛り上げましょう!!

放送局
FM MOOV KOBE
番組名
「シネマルネサンス」
放送日
毎週木曜日18:00から30分間

3月の放送内容

3/14(木)
ホワイトデー特別企画

関連サイト

番組公式twitter
番組公式facebook
音楽事務所ministudio twitter
キムラユウナツイッター
「FM MOOV KOBE」視聴方法/リスナープレゼント申込
ITAKURECORD公式Twitter

お知らせ
2018年8月18日(土)~

元町映画館オリジナルグッズ販売!

この8/21に、元町映画館は8歳の誕生日を迎えます。

これを記念して、初めての(!)オリジナルグッズを作り、販売することが決定しました!

スケジュールチラシの表紙やスタンプカードなど、元町映画館開館以来ずっと素敵なイラストを描き続けてくれている朝野ペコさんがデザインを手がけ、映画チア部の水野遥さんが1枚1枚手で刷ってくれたもの。

スタッフも自信を持ってオススメできる商品ばかりです。

8/18(土)から販売開始、どうぞお楽しみに!

※手刷りのため、自然なプリントズレ、かすれ、滲みが発生する場合があります。

あらかじめご了承ください。

商品ラインナップ

Tシャツ
(サイズ:Girls-M/S/M)各2,000円
ミックスグレー×黒/スミ×白/バニラホワイト×赤/ネイビー×黄
サコッシュ
1,500円

本日の上映作品

Tweets