トピックス

イスラム映画祭 関連イベント 2017年3月25日(土)〜3月31日(金)
「イスラーム映画祭2」関西にて初開催!
日々うねりを上げる世界情勢の中で、ますます関心を高める"イスラーム"。映画は、私たちがあふれる情報にまぎれて見落としがちな、その文化とともに生きる人々の素朴な姿を垣間見せてくれます。「映画を楽しみながら世界の豊かさを知る」イスラーム映画祭、2015年に東京で初開催された際には大きな話題となり、第2回の開催で関西初上映となります!ほかでは観られない多様な世界をスクリーンでお楽しみください。

上映期間:3/25(土)~3/31(金)
料金:一般1500円、2回券2400円(上映期間中販売)
上映スケジュールはこちら→

【上映作品】
『私たちはどこに行くの?』2011年/レバノンほか/102分
『敷物と掛布』2013年/エジプト/87分
『泥の鳥』2002年/バングラデシュほか/95分
『蝶と花』1985年/タイ/127分
『改宗』2008年/タイ/83分
『バーバ・アジーズ』2004年/チュニジアほか/96分
『神に誓って』2007年/パキスタン/168分
『ミスター&ミセス・アイヤル』2002年/インド/118分

☆トーク《「アラブの春」と音楽と映画》開催!
日 時:3/26(日)『敷物と掛布』14:20の回上映終了後
会 場:元町映画館2F
登壇者:中町信孝さん(甲南大学文学部教授)
※当日映画を観られた方対象、参加無料。

『イスラム映画祭2』公式サイト→

文章教室 お知らせ 2017年3月1日(水)
イベント「編集者として新人ライターに語っている文章術25」開催!
昨年10月に開催した「即席映画ライター養成講座:うまく伝わる文章の考え方と書き方」の改訂版。前回同様、映画レビュー原稿を題材に、Webライティングの基本知識、伝わる文章の考え方と書き方について勉強します。編集者として新人ライターに語っていたことをベースに、Webライティングの最新動向も含めてお話しします。元町映画館の招待券付きでお得!

【対象】
文章力アップのヒントが欲しい方/映画の感想をうまく書きたい方/広告やマーケティングのキホンを勉強したい方/ライターに興味のある方/過去に、元町映画館で文章教室を受講していない方

【内容(予定)】
SNSやブログでも使える、プロっぽい写真の撮り方/うまく伝わる文章についての考え方/文章を書くときの絶対的ノウハウ/ダメな原稿の完成度をあげる具体的なシミュレーション/映画ライターの仕事術/某原稿依頼のご相談(当日発表)

日時:3/1(水) 19:00~21:00(開場18:50)
会場:元町映画館 2F
参加費:2500円(テキスト代込み、元町映画館の招待券付き)
ご予約:2/28(火)23:00までにこちらからお申し込みください→
※元町映画館でのお申込はできませんのでご注意ください
問合せ:madoguchi@kanzo.net

【主催者プロフィール】
中元文月(なかもとふみづき)→
フリーの編集ライター・Webディレクター・プランナー・まわしよみ新聞編集長。演劇・映画・ゲーム・インタビューを専門に「Meets」「カジカジ」「TVぴあ」「KANSAI 1週間」などで連載。元町映画館とお客さんでいっしょに作る映画本「MOEBON」編集責任。映画バー「銀幕酒場」マスター。2017年1月、Kindle映画電子書籍「シネポン!EJT VOL.1 映画数珠つなぎ」を創刊。
 

シネマニアックナイト 関連イベント 2017年2月25日(土)
映画(業界)を深掘りする!「シネマニアックナイト vol.1」開催!
元町映画館にて、毎回テーマを定めて様々な角度から映画(業界)を深掘りするトークライブイベント「シネマニアックナイト」がスタートします!記念すべき第一回目となる今回のテーマは「映写技師」。神戸の映画館から映写経験のある方にお集まりいただき、映写技師の仕事について、映写機について、フィルムやデジタルなどの上映素材について、映画業界の裏側を"赤裸々に"お話しします!映画好きはもちろん、映画業界を目指す学生さんや、映画に興味のある方、必見のトークライブイベントです!

日 時:2月25日(土)OPEN21:00/START21:10(1時間30分程度)
場 所:元町映画館(劇場内)
ゲスト:伊川泰史さん(OSシネマズミント神戸)、和田たすくさん(神戸アートビレッジセンター)
料 金:500円
 

電子書籍 お知らせ 2017年3月3日(金)
電子書籍Kindle入門イベント開催決定!
一時のブームは過ぎ去ったと言われつつも、まだ市場の拡大が予測されている電子書籍。実は日本の映画興行の市場規模よりも大きい市場を持っています。もっと映画を知って楽しんでもらうことを目指して1/28に発刊されたKindle本「シネポン!EJT VOL.1 映画数珠つなぎ」を参考にして、電子書籍での映画ライター、評論家デビューを目指したい方への入門教室を開催します。
やってみるとウソのように簡単なKindle出版の、具体的なノウハウをご紹介します。

参加者には「元町映画館でみた! MOEBON」→とあわせて「シネポン!EJT VOL.1 映画数珠つなぎ」→の最新データをおまけで配布(クラウドよりダウンロード)。元町映画館の招待券付きでお得です!

【対象】
電子書籍(Kindle)に興味のある方/3ヶ月後に作家デビューしたい方/ブログの記事を電子書籍にしたい方/Kindle出版体験談を聞きたい方

【内容(予定)】
電子書籍(Kindle)の基本的知識/ほぼWordだけで出版できる手軽さ/3ヶ月後に作家デビューの法則/電子書籍の形式について(epubとmobiなど)/一歩先いくデザインやレイアウトのノウハウ/電子書籍制作にオススメのソフト/出版までの具体的な手順/自己プロデュースのススメ/売れている人に聞いた、売れるためのノウハウ/Kindle本を紙の書籍として発売する方法(MyISBN)など

日時:3/3(金) 19:00~21:00(開場18:50)
会場:元町映画館 2F
参加費:2000円(元町映画館の招待券付き・電子書籍データおまけ)
ご予約:3/2(木)23:00までにこちらからお申し込みください→
※元町映画館でのお申込はできませんのでご注意ください

【主催者プロフィール】
中元文月(なかもとふみづき)→
フリーの編集ライター・Webディレクター・プランナー。演劇・映画・ゲーム・インタビューを専門に「Lマガジン」「Meets」「カジカジ」「TVぴあ」「KANSAI 1週間」などで連載。共著は「イラスト図解 昆虫はすごい!」「星座の伝説大図鑑」など。みんなの経済新聞ネットワーク「京橋経済新聞」編集デスクなど。元町映画館とお客さんでいっしょに作る映画本「MOEBON」編集責任。2017年1月、Kindle映画電子書籍「シネポン!EJT VOL.1 映画数珠つなぎ」を創刊。
 

走れ、絶望に追いつかれない速さで 関連イベント 2017年3月20日(月・祝)
『走れ、絶望に追いつかれない速さで』太賀さん、小林竜樹さん、中川龍太郎監督舞台挨拶開催決定!
『愛の小さな歴史』に続き、本作で史上初めて東京国際映画祭2年連続入選を最年少で果たした中川龍太郎監督が、大切な友人を突然亡くした自身の体験に基づいて映画化した『走れ、絶望に追いつかれない速さで』。公開を記念して、主演の太賀さん、小林竜樹さん、そして中川龍太郎監督の舞台挨拶開催が決定しました!

日 時:3/20(月・祝) 14:50の回上映終了後
登壇者:太賀さん、小林竜樹さん、中川龍太郎監督
※当日映画を観られた方対象、参加無料。
※舞台挨拶の回に限り、招待券・5つたまったスタンプカードでのご入場はできません。予めご了承ください。

『走れ、絶望に追いつかれない速さで』公式サイト→

月光 関連イベント 2017年3月12日(日)
『月光』小澤雅人監督トークイベント開催決定!
いまだ社会的認知度が低い性暴力被害の問題に真正面から取り組み、人間の尊厳や希望を描き出す映画『月光』。公開を記念して、小澤雅人監督にお越しいただくことが決定しました。
女性に対する暴力を「振るわない」「許さない」「沈黙しない」と宣言し、「自分には無関係」と考えがちな男性たちが主体的に解決に向け行動することを目指した「ホワイトリボンキャンペーン・ジャパン」共同代表の伊藤公雄さんにもお越しいただき、おふたりで対談していただきます。
被害者の9割以上が被害届を出せず、また誰にも相談できずにいると言われる性暴力被害について、まずはオープンな場で話し合い、意見交換をする場を作れればと願っています。

映画『月光』スペシャルトーク
日 時:3/12(日) 12:40の回上映終了後
会 場:元町映画館
登壇者:小澤雅人監督、伊藤公雄さん(ホワイトリボンキャンペーン・ジャパン共同代表/京都大学教授)
※当日映画を観られた方対象、参加無料。
※トーク会場は劇場よりも狭く、ご希望の方全員が入れない場合がございます。予めご了承ください。

『月光』公式サイト→

珈琲時間 関連イベント 2017年2月25日(土)、3月3日(金)
「1003」と「TuKuRu」にて『函館珈琲』プレイベント開催決定!
『ソウル・フラワー・トレイン』などの西尾孔志監督がオール函館ロケで挑んだ映画『函館珈琲』。公開を記念して、元町映画館近くの素敵なお店で西尾監督とのトークイベントを開催します!トークのお相手は各会場の店主さんと元町映画館支配人の林未来。映画のために作られたオリジナル珈琲をお楽しみいただきながら、のんびりとしたひと時をお過ごし下さい。映画にまつわる話を中心に、いろんな話題でお話しします!
※定員がございます。ご予約はお早めに各会場までお願い致します。

★映画監督・西尾孔志さんと過ごす珈琲時間
~本のこと、集まる場所を作ること、そして映画と珈琲のこと~


【 Day1@1003 】
日時:2/25(土) OPEN17:30 / START18:00
会場:1003(センサン)
神戸市中央区元町通3丁目3-2-2F
TEL: 050-3692-1329 mail: 1003books@gmail.com
https://1003books.tumblr.com/
登壇者:西尾孔志さん(映画監督)、奥村千織さん(1003オーナー)、林未来(元町映画館支配人)
参加費:2,000円(映画『函館珈琲』前売チケット&珈琲一杯付き)☆「Coffee LABO frank」が特別にドリップで参加!
定員:15名
ご予約:電話/メール/店頭にて

【 Day2@TuKuRu 】
日時:3/3(金) OPEN18:30 / START19:00
会場:TuKuRu(ツクル)
神戸市中央区元町通6丁目5-13
TEL: 078-360-3316
https://www.facebook.com/TuKuRu.motoroku/
登壇者:西尾孔志さん(映画監督)、東村奈保さん(TuKuRu運営)、林未来(元町映画館支配人)
参加費:2,000円(映画『函館珈琲』前売チケット&珈琲一杯付き)
定員:30名
ご予約:電話/Facebook/店頭にて

【『函館珈琲』上映スケジュール】
3/4(土)11:40
3/5(日)~3/10(金) 12:10

『函館珈琲』公式サイト→

函館珈琲 関連イベント 2017年3月4日(土)
『函館珈琲』西尾孔志監督×平野愛さんトークイベント開催決定!
『ソウル・フラワー・トレイン』の西尾孔志監督がオール函館ロケで挑んだ映画『函館珈琲』。公開を記念して、初日にスペシャルトークイベントの開催が決定しました!西尾監督とお話しいただくのは、"借りて暮らす"をテーマにしたWebマガジン「OURS.カリグラシマガジン」編集で写真家の平野愛さん。映画の舞台は、夢を追う者たちが集うアトリエ兼住居「翡翠館」。そこにはピンホールカメラ専門の写真家も登場します。"住む"ということ、"写す"ということを映画にちなんでお話しいただきます。

トーク「住むこと、写すこと」
日 時:3/4(土) 11:40の回上映終了後
会 場:元町映画館2Fロビー
登壇者:西尾孔志監督、平野愛さん(写真家)
※当日映画を観られた方対象、参加無料。

『函館珈琲』公式サイト→

狂い咲きサンダーロード お知らせ 2017年3月11日(土)〜3月17日(金)
やってやろうじゃねぇの!『狂い咲きサンダーロード』デジタル版上映決定、石井岳龍監督来館!
石井岳龍監督が石井聰亙時代の日本大学在学中の22歳に卒業制作として制作された作品。架空の街サンダーロードで"魔墓狼死"と"スーパー右翼軍"ら暴走族の抗争を描いた近未来を舞台したバイオレンス映画。1980年の劇場公開されてもなお多くの方に愛され続ける本作。奇跡的に発見された本編撮影時当時の16ミリフィルムをデジタル化しさらにカッコ良くなった本作の上映が決定しました。

さらに、石井岳龍監督も来館予定です。やってやろうじゃねぇの!

【上映期間】
3/11(土)~3/17(金)連日20:20から、1週間限定上映
※石井岳龍監督舞台挨拶についての詳細は後日、発表いたします。

『狂い咲きサンダーロード』クラウドファンディングページ→

アッシュペーブチック お知らせ 2017年2月11日(土)〜
「アッシュペーブチック」にてノルシュテイン作品をイメージしたコーナー展開中!
世界最高のアート・アニメーターであるユーリー・ノルシュテイン監督の代表作6本を集めた特集上映『アニメーションの神様、その美しき世界』。本作の公開を記念して、神戸・海岸通にある「アッシュペーブチック」にてノルシュテイン作品をイメージした商品のコーナー展開をしていただいております。ぜひ映画とご一緒にお楽しみください!

アッシュペーブチック→

シナリオ教室 お知らせ 2017年2月24日(金)
映画をムダなく188%楽しむ!神戸市民のためのシナリオ教室開催!
日本映画シナリオ業界にはこんな名セリフがあります。「いいシナリオから"ダメな映画"ができることがあっても、ダメなシナリオから"いい映画"ができることは決してない」。語るまでもなく、シナリオは映画そのものの面白さを決定する"設計図"です。映画の完成度を決める"シナリオ"のキホン的知識から、細かいテクニックや映画の見方、実際にシナリオライターデビューを目指す方向けのノウハウ。過去に劇場映画の企画に関わってきた裏話などをお話しします。
きっと、映画の楽しみ方がひとつ増えます。

【講座対象】
映画をもっと深く楽しみたい方/シナリオについて学びたい方/映画レビューを書くときの"もやもや感"を解消したい方/シナリオライターに興味のある方/業界裏話好きな方(※ネット拡散はご遠慮ください)

【開催内容(予定)】
映画シナリオの基本知識/海外と日本のシナリオの違い/物語のパターンはすでに分析されている/物語創作の最もカンタンなパターン(映画の見方)/主人公の設定を考えて、実際の"脚色"を実際にシミュレート(ワークショップ)/シナリオは誰でも書ける

日時:2/24(金) 19:00~21:00
会場:元町映画館 2F
参加費:2000円(元町映画館招待券1枚&Kindle映画書籍『EJT VOL.1』付き)
ご予約:2/23(木)23:00までにこちらからお申し込みください→
※元町映画館でのお申込はできませんのでご注意ください

【主催者プロフィール】
中元文月(なかもとふみづき)→
フリーの編集ライター。シナリオ的経歴は、大阪シナリオ学校、早稲田シナリオ義塾上級コース受講後、某企画集団ブレインとして、今敏監督作品アニメ映画に企画初期シナリオで参画。その後、某ゲームのハリウッド映画化(サム・ライミ監督・制作中止)のシナリオ企画などに参画。
 

ノルシュテイン特集 関連イベント 2017年2月11日(土)〜2月24日(金)
『ユーリー・ノルシュテイン監督特集』当館だけのオリジナル3大企画実施決定!
ロシアのアニメーション作家ユーリー・ノルシュテイン監督生誕75周年記念。ロシア革命を描いたデビュー作『25日・最初の日』。子ども向けに作られたロシア版日本昔話『キツネとウサギ』。代表作であり入門作『霧の中のハリネズミ』。詩的であり史上最高のアニメーション『話の話』など計6作品を再編集し、美しく蘇った特集上映が当館で公開されることに合わせて大人から子どもまで楽しめる企画をご用意しました。

★小学生以下無料「子どもDAY」
素晴らしいアニメーションをぜひ小さい時に見て欲しい、そんな想いから前回の『ソング・オブ・ザ・シー』でも好評だった小学以下無料で観賞できる"子どもDAY"が再び当館にやってきます。

【「子どもDAY」実施日】
2/12(日)15:00回・2/16(木)15:00回・2/18(土)16:40回
※必ず保護者の方と一緒にご鑑賞ください。
※上映回は全て字幕版となります。吹替版はございません。

★ノルシュテインへの3行ラブレター
名作は月日が経っても色褪せません。そこでノルシュテイン監督を愛している皆様から監督への3行ラブレターを募集!今回上映される6作品はそれぞれに思い入れのある方もいらっしゃると思います。お書きいただいた中から最も愛を感じたコメントには素敵なプレゼントもご用意しました。

【3行ラブレタープレゼント】
最優秀賞1名様
ノルシュテイン監督直筆サイン入りポスター&カレンダー
優秀賞4名様
カレンダー

※お書きいただいたコメントは2階にて展示の上、当館のSNSでも発信予定。
※お一人さま一枚ずつの記入お願いいたします。
※当選者の発表は商品の発送をもってかえさせていただきます。

・募集期間
2/11(土)〜2/24(金)
・応募方法
本作をご覧になったお客様にコメント用紙を配布いたします。ノルシュテインへの愛をご記入後、オリジナルパネルに掲示いたします。

★アニメーションの神様、その美しき世界の展示
本作の上映期間中に上映6作品の各シーンを切り取り展示いたします。ノルシュテインの世界でゆっくりとおくつろぎください。

・展示期間
2/11(土)〜2/24(金)
・展示場所
当館2階待合スペース

『ユーリー・ノルシュテイン監督特集上映「アニメーションの神様、その美しき世界」』公式サイト→

東京ウィンドオーケストラ 関連イベント 2017年2月18日(土)〜3月10日(金)
『東京ウィンドオーケストラ』アマチュア10名割・楽器割実施決定!
屋久島で日本有数の吹奏楽団を招いたコンサートが開催されることなったが現れたのはたった10名のアマチュア楽団「東京ウィンドオーケストラ」だった…「作家主義」×「俳優発掘」を理念に掲げる松竹ブロードキャスティング第3弾作品。職員と楽団の奮闘を描いた本作のアマチュア楽団のメンバー数"10名"とその楽器たちにちなみ当館だけのオリジナル割引の実施が決定いたしました。

★アマチュア10名応援割
本作を10名以上でご来場していただいたお客様の入場料金が割引。
一般料金¥1700→¥1000
※10名以上でご来場されると大変お得です。ぜひ団体様でご来場ください。

★楽器割
本作の入場券を購入時に当館受付にて楽器経験者であることを証明できるものを提示で割引。
一般料金¥1700→¥1300
※携帯で撮影したご自身の楽器の待ち受け写真や実物をお持ちいただいてもOK。
※割引は提示していただいたお客様限定です。

『東京ウィンドオーケストラ』公式サイト→

神のゆらぎ 関連イベント 2017年2月18日(土)〜24日(金)
『神のゆらぎ』シネ・リーブル神戸との割引決定!
『Mommy/マミー』でカンヌ国際映画祭審査員特別賞を受賞し、今最も勢いのある監督であり俳優でもあるグザヴィエ・ドラン。そんな彼が出演を熱望したサスペンスタッチのヒューマンドラマ『神のゆらぎ』が2/18(土)から1週間限定上映決定。そんな彼の監督最新作『たかが世界の終わり』がシネ・リーブル神戸でも公開されます。そこでドラン好きには嬉しい割引をご用意しました。

【割引内容】
2/11(土)からシネ・リーブル神戸で公開の『たかが世界の終わり』半券を当館の受付にてご提示で『神のゆらぎ』の一般料金¥1700を¥1300に割引いたします。

※割引対象はシネ・リーブル神戸の半券のみとなります。その他の劇場は割引対象外となります。お一人さま1回限りの使用となります。

『神のゆらぎ』公式サイト→
シネ・リーブル神戸ホームページ→

切り子の詩 関連イベント 2017年2月25日(土)
『切り子の詩』近兼拓史監督舞台挨拶決定!
『たこ焼きの詩』近兼拓史監督が送る下町人情ドラマ。関西の商社で働く万年課長の澤田はある大きなプロジェクトを任される。それを築きあげた人脈で見事成功させた彼の下に願ってもないチャンスが舞い込んでくるが…。大阪、神戸、西宮、明石など関西の各地でロケを敢行したこの下町人情ドラマの上映を記念して近兼拓史監督による舞台挨拶が決定しました。

★舞台挨拶
日 時:2/25(土)10:30の回上映終了後
登壇者:近兼拓史監督、深来舞香さん(第47期サンテレビガールズ)、Permanent Fish
※当日映画を観られた方対象、参加無料。

『切り子の詩』公式サイト→

ロマンポルノリブート 関連イベント 2017年3月11日(土)〜4月21日(金)
祝!生誕45周年『ロマンポルノ・リブート・プロジェクト』上映決定!
ルールは簡単「10分に1回絡みのシーンを作る、上映時間は70分程度」。比較的自由な製作環境から現在の日本映画を支える監督を生み出した成人映画レーベル日活ロマンポルノが45周年を迎えました。リブート作品では園子温監督や行定勲監督など5名の監督がメガホンを取り全く新たな形でロマンポルノが復活。
3/11(土)からは新開地のCinema KOBEでクラシック作品も上映決定。今こそロマンポルノに目覚める時!

『ロマンポルノ・リブート・プロジェクト』
【上映期間/上映作品】

▼3/11(土)〜3/24(金)
『ジムノペディに乱れる』行定勲監督
『風に濡れた女』塩田明彦監督

▼3/25(土)〜4/7(金)
『牝猫たち』白石和彌監督
『ANTIPORNO アンチポルノ』園子温監督

▼4/8(土)〜4/21(金)
『ホワイトリリー』中田秀夫監督

※もちろんR18指定です。ご了承下さい。
※3/10(金)まで1回券/5回券、劇場受付にて販売中

『ロマンポルノ・リブート・プロジェクト』公式サイト→

シネマヒロマ お知らせ  
公式YouTubeチャンネル『CINEMA HIROMA』配信中!
気づけば2年間、当館で上映する作品を紹介したり、映画関係者へインタビューするなど本当に色々なことをこちらの番組で配信中。紙媒体やネット記事では伝わらない映画関係者のここでしか話せない話題も…お楽しみに!

今後の配信予定
・『裏切りの街』「ユーリー・ノルシュテイン監督特集」「35mmFILM映画祭」『神のゆらぎ』etc…


元町映画館YouTubeチャンネル『CINEMA HIROMA』→

BiS誕生の詩 関連イベント 2017年3月4日(土)
名京阪神の劇場限定企画・BiS/SiSキャノンボール開催&初日舞台挨拶決定!
元祖お騒がせアイドル・BiSの再始動に向けての最終合宿オーディションに、カンパニー松尾さん率いるテレキャノオールスターズが完全密着した『劇場版 BiS誕生の詩』。そしてこの合宿で不合格となった面々で"BiSの公式ライバル"=SiSを結成することが発表されるも、お披露目ライブの夜に活動休止がアナウンスされるという一連の事態を追った『WHO KiLLED IDOL? –SiS消滅の詩–』。
2本同時公開となる名古屋・大阪・京都・神戸にて、BiS vs SiSの動員合戦が行われることが決定しました!初日には舞台挨拶も開催します。各劇場の動員数は随時公式Twitter(@biscannonball)にて公開。勝ったグループは、新譜リリース日にスペースシャワーTVプラスを1日JACKできることに(SiSはGANG PARADEが該当)。ぜひみなさんの応援よろしくお願いします!

【初日舞台挨拶&サイン会】

『劇場版 BiS誕生の詩』
日 時:3/4(土) 17:50の回上映終了後
登壇者:プー・ルイ、カンパニー松尾監督

『WHO KiLLED IDOL? –SiS消滅の詩–』
日 時:3/4(土) 20:10の回上映終了後
登壇者:ユイ・ガ・ドクソン、エリザベス宮地監督

※いずれも当日映画を観られた方対象、参加無料。
※招待券、5つたまったスタンプカードでの無料入場は不可(初日のみ)。

【対象劇場】
名古屋・シネマスコーレ(2/25〜)/大阪・第七藝術劇場(3/4〜)/京都・立誠シネマ(3/4〜)/神戸・元町映画館(3/4〜) ※以上4劇場限定企画です。

『劇場版 BiS誕生の詩』公式サイト→
『WHO KiLLED IDOL? –SiS消滅の詩–』公式サイト→

風櫃の少年 お知らせ 2017年2月18日(土)〜2月24日(金)
『台湾新電影時代』公開記念!ホウ・シャオシェン監督『風櫃(フンクイ)の少年』一週間限定上映決定!
ホウ・シャオシェン、エドワード・ヤンらが台頭した"台湾ニューウェーヴ"を描いた『台湾新電影時代』の公開を記念して、ホウ・シャオシェン監督の自伝的作品と言われる『風櫃の少年』(1983年)を限定公開することが決定しました!田舎と都会、若さゆえの悩みや葛藤、恋愛への憧れ…。今なお色あせない青春映画の傑作をぜひスクリーンでご覧ください。

【上映スケジュール】
2/18(土)~2/24(金) 10:30~

※本作上映について、「35mmフィルム上映」と予告をしておりましたが「DCP」にて上映となりました。申し訳ございませんがご了承くださいませ。
 

牯嶺街少年殺人事件 お知らせ  
『牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』全映画ファン待望のリバイバル上映決定!
エドワード・ヤン監督が1991年に発表し映画史上に残る傑作として世界的に評価されながらも、日本では初上映以来DVD化もされずにいた伝説の作品『牯嶺街少年殺人事件』が、25年ぶりに映画館のスクリーンに帰ってきます!!! 日本で劇場公開された当時は3時間8分のヴァージョンでしたが、今回は本作完成時の当初のヴァージョンである3時間56分版での上映となります。2017年の映画界最大の事件を、どうぞお観逃しなく。

★本作は特別興行料金となります。下記注意をお読みの上ご来場ください。
【当日料金(一律)】2,200円
【前売券(販売中)】1,800円
※シニア・学生料金、サービスデーなどの各種割引や、招待券・5つたまったスタンプカードなどでの無料鑑賞はできません。

『牯嶺街少年殺人事件』公式サイト→

Smoke フィルムで観る 2017年2月25日(土)〜3月10日(金)
アナタはどっち派?!フィルム or デジタル
今から21年前、恵比寿ガーデンシネマで25週に渡る記録的なロングラン上映を果たし、今もなお愛され続ける不朽の名作『Smoke』。今回のリバイバル公開では、デジタルリマスター版で全国を回っていますが、封切り時の35mmフィルムが現存しているということで、当館ではフィルムとデジタル2つの上映素材を日替わりで交代しながら公開いたします!上映素材という少々マニアックなテーマですが、フィルムとデジタルの違いを知り、それぞれの魅力について考える機会になればと思います。違いを体感していただくために2回目の鑑賞料金が1000円になる割引サービスを実施するほか、関連イベントも計画中。『Smoke』はぜひ元町映画館で!

『Smoke』上映期間:2/25〜3/10
フィルム上映日:2/25、2/27、3/1、3/3、3/5、3/7、3/9
デジタル上映日:2/26、2/28、3/2、3/4、3/6、3/8、3/10

『Smoke』公式サイト→

  
シネクラブ シネクラブ 2017年2月19日(日)
元町シネクラブvol.40開催!
「あの映画のシーンはどういう意味だったんだろう」「あの演出はあの監督だからできたんだ」映画には1人1人違う見方がある!大好きな映画の良さをもっと知ってほしい、作品のことを知り、映画に詳しくなりたい。そんな皆様、シネクラブへぜひお越しください。初心者から映画通までいますが、心配ご無用。特に初心者の皆様はぜひオススメです。初対面の人と映画の話をする機会なんて滅多にないですよ。お題映画を設定していますが、たま~に他の映画の話になってしまうことも。ご予約は不要です。映画初心者、学生大歓迎!お気軽にお越しください。

◎元町シネクラブvol.40
日 時:2/19(日) 13:30~15:00
会 場:元町映画館2F
参加費:200円(お茶代)※学生は100円
お題映画:『でんげい』『湾生回家』『神聖なる一族24人の娘たち』『台湾新電影(ニューシネマ)時代』
(お題は全作ご覧になっていなくても大丈夫ですので、お気軽にお越し下さい)
 

更新情報


 2017.2.17

 スケジュール、上映作品更新しました。


 2017.2.11

 トピックス更新しました。


 2014.11.1

 ウェブサイトをリニューアルしました。

本日の上映作品

Tweets