トピックス

ロゴ お知らせ
2017年10月~2019年2月予定

隣地マンション建設工事に伴う重要なお知らせ

元町映画館の東隣の敷地に12階建てのマンションが建つことになり、10月より建設工事が始まっております。

工事期間
2017年10月~2019年2月予定
工事時間
月~土曜の8:00~18:00予定
施工業者
生和コーポレーション株式会社

担当者:細川英一 連絡先:TEL078-333-1730


工事による騒音で映画鑑賞が妨げられることへの影響を軽減すべく劇場内の防音工事を自主的に実施いたしましたが、完全に防ぎきれるものではありません。特に基礎工事中の2018年2月までは、大きめの騒音や振動が劇場内にも影響することが考えられます。
現状、通常通り営業を続けていく予定ですが、工事終了まではご迷惑をおかけいたします。施工業者とは対策も話し合っておりますが、工事期間中も状況に応じて密に連絡を取り合い、随時対応してまいります。たいへん申し訳ございませんが、あらかじめご了承くださいませ。

また、お客さまからのご意見を頂戴する専用のメールアドレスを開設いたしました。工事の影響に関すること、またそれ以外でも結構です。些細でも気になったことをお気軽にお寄せください。
customer@motoei.com

関連イベント
2018年3月16日(金)

『なっちゃんはまだ新宿』首藤凛監督の短編2作上映&トーク付きスペシャルプログラム開催決定!

ミュージシャンと映画監督がタッグを組み1本の映画を制作する、音楽と映画の祭典「MOOSIC LAB2017」にて準グランプリ&ベストミュージシャン賞&女優賞と3冠を達成し、その不思議な魅力で観た者を熱狂させた『なっちゃんはまだ新宿』。監督は高校時代より映画制作を始め、早稲田映画まつりやPFFアワードでの入賞経験を持つ大学生・首藤凛。『なっちゃんはまだ新宿』での唯一無二の表現力の源泉を体感できる、過去に制作された短編2作品を『なっちゃん~』と合わせて上映し、さらには首藤監督とMOOSIC LABの企画者である直井卓俊さんのトークイベントを開催します!一夜限りのスペシャルプログラム、ぜひお越しください!

日時
3/16(金) 19:30~
料金
2000円均一
※各種割引、『なっちゃん~』前売券はご使用いただけません。あらかじめご了承ください。
上映作品
『さよなら沢田先生』2013年/16分/出演:池田夏海
当時、高校を卒業したばかり、怖いもの無しの18歳だった監督・首藤凜が、通っていた塾の前で、その後四年間コンビを組むことになる女優・池田夏海と叫びながら疾走しながら撮った処女作。

『また一緒に寝ようね』2016年/43分/出演:池田夏海
同棲相手と高校時代の先輩との間の三角関係、というあらすじからは想像できない荒唐無稽な展開。恋愛とは、自分が相手をどう思うかや、相手にどう思われるかじゃない。どうすれば恋愛というファンタジーを誰かと共に信じることができるか、なのだ。

『なっちゃんはまだ新宿』2017年/93分/出演:池田夏海、菅本裕子、POLTA
秋乃が恋する同級生の岡田には他校に「なっちゃん」という彼女がいた。彼がいとおしげに話すその少女のことを秋乃はいつも考えてしまう。ある日、タンスを開けるとなっちゃんがいた。戸惑う秋乃の前に彼女は幾度も現れ無邪気に笑う。かけがえのない誰かのように。
トークゲスト
首藤凛(監督)
直井卓俊(MOOSIC LAB企画/SPOTTED PRODUCTIONS)

お知らせ
2018年3月3日(土)

【元町映画館 二階劇場】SILENT FILM LIVE#01『エジソンの映画史 1895-1908』生演奏付きサイレント映画上映会開催!

元町映画館2Fにある小さな部屋を使って、1Fの劇場とは異なる映画イベントを展開する【元町映画館 二階劇場】、2018年からスタートします!
記念すべき第1回目は、サイレント(無声)映画を生演奏付きで楽しむ「SILENT FILM LIVE#01」。“キネトスコープ”を発明したエジソン社の作品を中心に、生まれたばかりの“動く写真”であった映画が、どのように物語を得て娯楽産業への道を歩むかを体験できるハリウッド以前のアメリカ映画史を振り返ります。上映と合わせて、「初期映画入門講座」も同時開催。映画をその誕生から知る貴重な機会です!

日時

3/3(土)

参加費

『エジソンの映画史』
14:00開場/14:30開始(終了16:00予定)
一般1500円/大学・専門学校生1000円/高校生以下無料
「初期映画入門講座」
16:15開場/16:30開始(終了17:30予定)
500円/『エジソン~』上映会参加者・高校生以下無料

会場

元町映画館2Fシアタールーム

定員

30名(予約受付先着順、定員に達し次第受付終了)
※空席があれば当日受付も可

上映作品(計72分/ブルーレイ上映/生演奏付)

『メイ・アーウィンの接吻』1896年/18秒
『化粧室の老メイド』1901年/1分
『変態靴屋(陽気な靴屋)』1902年/1分30秒
『ニューヨーク、リバーサイドのパーティ』1903年/1分
『列車のロマンス』1903年/5分
『大列車強盗』1903年/15分(染色版)
『ニューヨークの地下鉄開通』1904年/1分
『密造屋』1904年/15分
『サンフランシスコの大地震』1906年/1分
『レアビット狂の夢』1906年/7分
『鷲の巣から救われて』1908年/4分
『ドリーの冒険』1908年/12分

ピアノ演奏

鳥飼りょう
〈プロフィール〉
サイレント映画伴奏者。全ジャンルの映画に即興で伴奏をつける。これまでに演奏した作品数は400以上。国内外の映画祭にも招聘される。いま最も上映会で演奏する伴奏者のうちのひとり。
HP→
Twitter→

解説・講座講師

富岡邦彦
〈プロフィール〉
黒沢清監督作品の脚本などを経て、山下敦弘監督『ばかのハコ船』『リアリズムの宿』などをプロデュース。映画祭のプログラムも多数担当。若手映画監督の育成などにも努めている。PLANET+1代表。シネアスト・オーガニゼーション大阪(CO2)事務局長。

ご予約方法

元町映画館店頭またはお電話、ご予約専用メールにてご連絡ください。
※メールの返信には数日を要する場合があります。返信なき場合は再度お問い合わせください。
TEL:078-366-2636
event_motoei@yahoo.co.jp

お知らせ
2018年3月17日(土)~

鬼才の傑作群を一挙上映!特集「デヴィッド・リンチの映画」開催決定!

ハリウッドの異端児にしてカルトの帝王―鬼才デヴィッド・リンチの傑作群をデジタル復元版で一挙上映する特集「デヴィッド・リンチの映画」がついに神戸にもやってきます。
その唯一無二の映像世界を味わったことがある方も未体験の方も、ぜひこの機会にデヴィッド・リンチの世界に身を浸してみてほしい!
一週遅れて、如何にしてリンチが長編デビュー作『イレイザーヘッド』を撮るに至ったのか、その源泉に迫るドキュメンタリー『デヴィッド・リンチ:アートライフ』も上映します。
今まさに、デヴィッド・リンチの映画に出会うときです!

上映期間
3/17(土)~3/30(金)
スケジュール
こちら→
上映作品
『イレイザーヘッド』1977年/アメリカ/89分
『エレファント・マン』1980年/アメリカ・イギリス/124分
『ツイン・ピークス ローラ・パーマー最期の7日間』1992年/アメリカ・フランス/135分
『ロスト・ハイウェイ』1997年/アメリカ・フランス/135分
『マルホランド・ドライブ』2001年/アメリカ・フランス/147分
『インランド・エンパイア』2006年/アメリカ・ポーランド・フランス/180分
料金
当日一般1500円ほか
前売券1回券1300円/3回券3300円
※3/16(金)までの販売

お知らせ
2018年2月24日(土)~3月2日(金)

『希望のかなた』一週間の延長上映決定!

アキ・カウリスマキ監督最新作『希望のかなた』じわじわと感動と愛が広がっています。連日たくさんのお客さまにお越しいただいておりますが、「夜の回の上映がない!」というお声もあり、急遽一週間の延長上映を決定いたしました!これまでにない遅い回での上映となりますが、お仕事帰りにちょっとひと息つくつもりでお越しいただけたら幸いです。2名さまでのペア割毎日適用となります!

延長上映スケジュール

2/24(土)~3/2(金) 連日21:30~

お知らせ
2018年2月24日(土)、25日(日)

「神戸国際調理製菓専門学校」とタイアップ決定!

学生たちがプロのパティシエを目指すEcole CP(エコールセーペー)神戸国際調理製菓専門学校。こちらの授業の一環で、映画を観ながら食べてほしい「焼き菓子」をお作りいただきました。2/24(土)、2/25(日)の2日間、限定数で販売します。学生たちの自信作。ぜひ映画のお供としてお召し上がりください!
2/24(土)は神戸国際調理製菓専門学校にて「卒業創作展」が開催されます。

販売日
2/24(土)・2/25(日)
値段
250円

Ecole CP 神戸国際調理製菓専門学校「卒業創作展」→

お知らせ

R15のピンク映画の祭典「OP PICTURES+フェス2017」開催決定!

ひとつの企画をR18+とR15+の2パターン制作し、濡れ場をコンパクトにしてドラマ部分を充実させたR15版を一般劇場で公開する特別企画「OP PICTURES+」。昨年に続き、今年も6作品を2本立てで公開します!一般映画でも活躍する監督の作品の作品もあり、ピンク映画の面白さを気軽に体感できる機会です。映画ファンの中には熱心なピンク映画ファンもいて、それはエロが目的ではなくて「ただ面白いから」。面白い映画を求めている方、ぜひ一度ピンク映画の世界を覗いてみてください!

紹介動画

キネマ旬報にて「ピンク映画時評」を連載中の切通理作さんと、関西でピンク映画ガイド「ぴんくりんく」を発行する太田耕耘キさんに、上映作品の紹介をしていただきました。今回最終日に、おふたりのイチオシ作品を2本立てにしたスペシャルプログラムを上映します!

上映作品

Aプログラム
『コクウ』
85分/監督:榊英雄/出演:戸田真琴、とみやまあゆみ、和田光沙、川瀬陽太
『夫がツチノコに殺されました。』
70分/監督:いまおかしんじ/出演:涼川絢音、安野由美、月本愛、二ノ宮隆太郎、守屋文雄
Bプログラム
『静寂(しじま)に抱かれる女』
86分/監督:山内大輔/出演:朝倉ことみ、真木今日子、ほたる、森羅万象
『方舟の女たち』
75分/監督:城定秀夫/出演:希島あいり、竹内真琴、松井理子、麻木貴仁、守屋文雄
Cプログラム
『初恋とナポリタン』
98分/監督:竹洞哲也/出演:辰巳ゆい、しじみ、加藤ツバキ、那波隆史
『舐める女』
70分/監督:城定秀夫/出演:七海なな、青山真希、富沢恵、沢村純
S(スペシャル)プログラム〈太田耕耘キ×切通理作セレクション〉
『コクウ』
★太田耕耘キセレクション
『舐める女』
★切通理作セレクション

来場者プレゼント

ご来場の方全員に、オリジナルポストカードをプレゼント。お好きな絵柄を選んでいただけます!

全プログラム走破プレゼント

A~Cのすべてのプログラム(Sは除外)をご鑑賞の方全員に、6作品のR18版ポスターを6枚セットにしてプレゼント!初回ご鑑賞時にお渡しするスタンプラリーカードの3つ目押印時に受付にてお渡しします。

リピーター割実施

元町映画館での「OP PICTURES+フェス2017」を複数回観られる方は、2回目以降リピーター割引価格でご鑑賞いただけます。前回鑑賞時の半券を受付にてご提示ください。

上映スケジュール

こちらから →

お知らせ
2018年3月15日(木)

「池谷薫ドキュメンタリー塾~ガイダンス篇~」開催!

「人間の尊厳」をテーマにドキュメンタリーを撮り続けてきた池谷薫監督。昨年、元町映画館にて開講したドキュメンタリー塾は、毎回溢れんばかりの熱気に包まれ、深い感動を呼びました。世界を映す鏡であるドキュメンタリー・・・その魅力を一人でも多くの人に届けるために今年も元映は「池谷薫ドキュメンタリー塾」を開講します。まずは4月から始まる本講座に先駆けてガイダンス篇をお楽しみください。池谷監督が自身の制作の根源に迫る2時間。ドキュメンタリーをもっと深く知りたい方、必見です!

日時
3/15 (木) 19:00(開場18:30)~21:00
場 所
元町映画館2Fイベントルーム
参加費
500円
定 員
35名
ご予約
元町映画館店頭またはお電話、ご予約専用メールにて。
ご予約専用メール
event_motoei@yahoo.co.jp
電話番号
078-366-2636

※メールの返信には2、3日お時間がかかります。
※定員に達し次第受付を締め切ります。お席に余裕があれば、当日受付もいたします。

お知らせ
2018年4月~6月

ドキュメンタリーとは何か!「池谷薫ドキュメンタリー塾」開講!

ドキュメンタリーは好きだけどイマイチ観かたがわからない――そんなあなたに今年も元町映画館は「池谷薫ドキュメンタリー塾」をお届けします。
世界を映し出す鏡であるドキュメンタリー・・・そこには劇映画に決して引けを取らない奥深い魅力があります。
ドキュメンタリーとは何か。対象との関係はどうやって築くのか。撮影・編集のテクニック。作家の心理状態とドキュメンタリーならではの演出法!
「人間の尊厳」をテーマに数々の国際映画賞に輝く池谷薫監督が毎回自作の上映後に熱く語ります。
昨年度は受講生の中から「撮る」ことに目覚めた人が多数あらわれ、映像制作サークル「元町プロダクション」が結成されました。
神戸から新しい映像文化を発信する――今年もこの塾から目が離せません。
ドキュメンタリーについて深く学びたい方、映像制作に興味のある方、必見です!

カリキュラム

第1回 ドキュメンタリーは“フィクション”である

4/5(木) 鑑賞作品:NHKスぺシャル『黄土の民はいま』

第2回 あくなき“欲望”を撮る

4/19(木) 鑑賞作品:NHKスぺシャル『西方に黄金夢あり』

第3回 人間の“尊厳”とは何か

5/10(木) 鑑賞作品:映画『延安の娘』

第4回 劇映画を超えるドラマ性

5/17(木) 映像クリップを使った『延安の娘』の徹底解説

第5回 セルフドキュメンタリーの真実

5/31(木) 鑑賞作品:映画『ちづる』

第6回 記憶と格闘するドキュメンタリー

6/14(木) 鑑賞作品:映画『蟻の兵隊』

第7回 いかに“共犯関係”を築くか

6/21(木) 映像クリップを使った『蟻の兵隊』の徹底解説

各回19:00スタート(18:45より受付開始) ※21:00終了予定
主催側の都合により休講となった場合は補講を行います。

場所
元町映画館2F イベントルーム
参加費
各回2,000円(学生1,000円)/全7回受講:10,000円(学生5,000円)
※初回に全額支払い、支払い後のキャンセル不可
定員
各回35名 ※定員に達し次第締め切ります
予約
お名前・電話番号・ご希望の回を下記のアドレスまたは店頭、お電話でご連絡ください。
event_motoei@yahoo.co.jp
※メールの返信には2、3日お時間がかかります。
※欠席される場合は前日までに必ずご連絡ください。
※当日のキャンセル、無断欠席は受講料をお支払いいただきます。
講師
池谷薫(映画監督/甲南女子大学教授)

お知らせ
2018年3月17日(土)~

『デヴィッド・リンチ:アートライフ』公開記念・限定オリジナル“リンチ”Tシャツがもらえるスタンプラリー開催決定!

鬼才デヴィッド・リンチの創作の原点に迫るドキュメンタリー『デヴィッド・リンチ:アートライフ』、そしてリンチの傑作6作品をデジタル・リマスター版で一挙上映する特集「デヴィッド・リンチの映画」公開を記念して、限定Tシャツがもらえるスタンプラリーの開催が決定しました! 3/17(土)~3/30(金)上映の特集「デヴィッド・リンチの映画」から3本+3/24(土)~4/6(金)上映の『デヴィッド・リンチ:アートライフ』をご鑑賞の先着10名さまにオリジナルTシャツ(非売品)をプレゼントします。

プレゼント

『デヴィッド・リンチ:アートライフ』オリジナルTシャツ(非売品 / フリーサイズ)

プレゼント引き換え期間

『デヴィッド・リンチ:アートライフ』上映期間中

プレゼント引き換え方法

押印されたスタンプカードを劇場窓口に提示

※オリジナルTシャツは10枚限定、無くなり次第終了。
※『デヴィッド・リンチ:アートライフ』ご鑑賞でスタンプ1個押印、特集上映『デヴィッド・リンチの映画』上映作品の中から3作品ご鑑賞でそれぞれ1個押印します。
※複数のカードをひとつにまとめることはできません。

関連イベント
2018年2月24日(土)

『やさしくなあに』伊勢真一監督舞台挨拶&交流会開催決定!特集上映「奈緒ちゃんと伊勢真一監督の35年」同時開催!

重度のてんかんと知的障がいのある姪の奈緒ちゃんとその家族の日々を記録し続けてきた伊勢真一監督。カメラを回し始めた奈緒ちゃん8歳の初詣から12年を経て完成した第1作『奈緒ちゃん』からさらに22年、第4弾となる《奈緒ちゃんシリーズ》最新作『やさしくなあに ~奈緒ちゃんと家族の35年~』が公開となります。神戸での公開を記念して、伊勢真一監督舞台挨拶と交流会、そして《奈緒ちゃんシリーズ》を一挙公開する特集上映「奈緒ちゃんと伊勢真一監督の35年」の開催が決定しました!

舞台挨拶

日時
2/24(土)『やさしくなあに』12:20の回上映終了後
登壇者
伊勢真一監督

伊勢真一監督との交流会

日時
2/24(土)舞台挨拶終了後
会場
元町映画館2Fイベントスペース

※お茶、おやつ、お食事などお持ち込みも可

特集上映「奈緒ちゃんと伊勢真一監督の35年」

上映作品
『奈緒ちゃん』(1995年/98分)
『ぴぐれっと』(2002年/98分)
『ありがとう ~「奈緒ちゃん」自立への25年~』(2006年/105分)
上映スケジュール
2/24(土) 10:20~『奈緒ちゃん』
2/25(日) 10:20~『ぴぐれっと』
2/26(月) 10:20~『ありがとう』
2/27(火) 10:20~『奈緒ちゃん』
2/28(水) 10:20~『ぴぐれっと』
3/1(木) 10:20~『ありがとう』
3/2(金) 10:20~『奈緒ちゃん』





お知らせ
2018年2月

メディア出演情報

放送局
ラジオ関西
番組名
「谷五郎の笑って暮らそう 元映・宮本の『シネマこの1本!』」
放送日
2/24(土)9:30からおよそ15分間
公式サイト
こちらから→
紹介映画
『花筐』(監督:大林宣彦/2017年/日本/169分)
公式サイト
こちらから→

関連イベント
2018年2月25日(日)

『三つの光』キャスト&監督の舞台挨拶開催決定!

もがき続ける人間の姿を、ワークショップで出会った俳優たちと監督が対話を重ねて練り上げた、世界が注目する若き才能・吉田光希監督の最新作『三つの光』。公開を記念して、主要キャストと監督の舞台挨拶開催が決定しました!

日時
2/25(日) 14:40の回上映終了後
登壇者
池田良さん、鈴木士さん、小宮一葉さん、吉田光希監督

※当日映画を観られた方対象、参加無料
※登壇者は予告なく変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。

シネクラブ シネクラブ
2018年3月25日(日)

元町シネクラブvol.53開催!

「あの映画のシーンはどういう意味だったんだろう」「あの演出はあの監督だからできたんだ」映画には1人1人違う見方がある!大好きな映画の良さをもっと知ってほしい、作品のことを知り、映画に詳しくなりたい。そんな皆様、シネクラブへぜひお越しください。
初心者から映画通までいますが、心配ご無用。特に初心者の皆様はぜひオススメです。初対面の人と映画の話をする機会なんて滅多にないですよ。お題映画を設定していますが、たま~に他の映画の話になってしまうことも。ご予約は不要です。映画初心者、学生大歓迎!お気軽にお越しください。

日時
2018年3月25日(日)13:30~15:00
会場
元町映画館2F
参加費
200円(お茶代)※学生は100円
お題映画
『やさしくなあに』『花筐/HANAGATAMI』『YARN 人生を彩る糸』特集「デヴィッド・リンチの映画』
(お題は全作ご覧になっていなくても大丈夫ですので、お気軽にお越し下さい)

お知らせ

神戸市内の映画館とTSUTYA三宮店のコラボ企画「KOBE CINEMA PORT」実施中!

シネコンからミニシアターまで、神戸市内の映画館の近日上映作品を毎月ピックアップし、TSUTAYAと各映画館の“中の人”がセレクトした関連するレンタル作品を紹介する「KOBE CINEMA PORT」。TSUTAYA三宮店3階DVDレンタルフロアで毎月情報を更新しながらドドンと展開中!ここに来れば市内の映画情報が一目瞭然。関連作品をレンタルで掘り下げていく楽しみもありますね。
さらにピックアップ作品のチラシや、神戸アートビレッジセンター&パルシネマしんこうえん&Cinema KOBE&元町映画館の4館合同スケジュール+その他の劇場のおススメ情報も掲載された「KOBE CINEMA PORT NAVI」も設置しています。映画を観たくなったら、まずはTSUTAYA三宮店で情報収集してみるのはいかがでしょうか?

TSUTAYA三宮店→

本日の上映作品

Tweets