トピックス

お知らせ
重要なお知らせ

スタンプカードについてお知らせ

平素より元町映画館をご愛顧いただき誠にありがとうございます。この度10月1日からの消費増税への対応としてお客様へお知らせがあります。

スタンプカード

ご鑑賞5回で無料券(使用期限1年間)としているスタンプカードの条件を改定いたします。
2020年1月1日から発行する新カードでは10回で無料(使用期限なし)とします。旧カードは券面に記載の日付から1年が過ぎるまでは2020年1月1日以降も有効です。その他の条件(特別興行での使用不可も含め)は旧カードを引き継ぐ予定です。

入場料金

入場料金の改定については現在検討中です。改定する場合は実施日の1ヶ月前までにはお知らせいたします。それまでは現在の料金体系が続きます。

以上、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お知らせ
重要なお知らせ

神戸の4劇場共通スケジュールチラシ「KOBE CINEMA PORT NAVI」10月号のスケジュール間違いのお知らせ

神戸アートビレッジセンター、Cinema KOBE、パルシネマ しんこうえん、元町映画館の4館共同で毎月発行している共通スケジュールチラシ「KOBE CINEMA PORT NAVI」。9/20に発行しました10月号掲載の、元町映画館の上映スケジュールに一部間違いがございました。ご迷惑をおかけして申し訳ございません。正しいスケジュールは元町映画館のスケジュールチラシまたはホームページをご覧ください。

該当箇所

10/12(土)~18(金)の上映スケジュール

お知らせ
2019年11/16(土)~

『サウナのあるところ』来場者プレゼント決定!

サウナで悩みや心情を吐露するフィンランドの男たちの姿を追った異色ドキュメンタリー『サウナのあるところ』。公開を記念して、ご来場の方にお風呂でスカッと汗をかいてスッキリできる新商品「バブ メディキュア発汗リフレッシュ浴」をプレゼント! (提供:花王)
※限定数、先着順。なくなり次第配布を終了いたします。

関連イベント
2019年11/20(水)

『サウナのあるところ』こばやしあやなさんトーク開催決定!

自宅やオフィス、はたまた街なかの公衆サウナまで、約550万の人口に対し約300万個のサウナがあると言われるフィンランド。シャイで寡黙と言われるフィンランドの男たちが、身も心も裸になったサウナで人生の悩みや苦しみ、想いを打ち明け、号泣する…。そんな姿をさまざまな形のサウナとともに映し出し、サウナのある幸せを感じさせる異色ドキュメンタリー『サウナのあるところ』。公開を記念して、「公衆サウナの国フィンランド」(学芸出版社)著者のこばやしあやなさんのトークを開催します!

トーク「社交場としてのフィンランド・サウナ」

日時
11/20(水) 14:40の回上映終了後
会場
元町映画館2Fイベントルーム
登壇者
こばやしあやなさん(フィンランド在住コーディネーター/公衆サウナ文化研究家)

※当日映画を観られた方対象、参加無料

関連イベント
2019年10/26(土)

『アートのお値段』スペシャルトーク開催決定!

今やアート作品は投資の対象となり、世界各地でアートフェアやオークションが行われ、企業がアーティストとコラボする。いつからアートは商品となったのか?誰が何のために買っているのか?アートの値段って一体何なのか?そんな疑問を美術界の有力者たちに投げかけ、アートとお金の関係を探るドキュメンタリー『アートのお値段』。公開を記念して、神戸でのアート事業に関わるお二人のゲストをお招きしてのトーク開催が決定しました!

トーク「神戸と日本のアート市場の現状」

日時
10/26(土) 14:50の回上映終了後
会場
元町映画館2Fイベントルーム
登壇者
眞弓和也さん(サコダアートオークション/サコダアートギャラリー マネージャー・神戸アートマルシェ実行委員)、岡田旭さん(オカダオフィス/M.B.A.行政書士岡田旭事務所代表・神戸アートマルシェ事務局長)

※当日映画を観られた方対象、参加無料

関連イベント
2019年11/10(日)

『シスターフッド』西原孝至監督&兎丸愛美さん舞台挨拶開催決定!

『わたしの自由について』『もうろうをいきる』『Starting Over』がそれぞれ国際的に高い評価を得た西原孝至監督が、2015年から東京に住む若い女性の生き方についてのドキュメンタリー映画の制作を始め、MeToo運動の高まりに合わせ劇映画の要素を追加しまとめた『シスターフッド』。ドキュメンタリーと劇映画が混在した実験的なモノクロ作品である本作の公開を記念して、西原孝至監督と主演でヌードモデルの兎丸愛美さんの舞台挨拶開催が決定しました!

日時
11/10(日) 18:20の回上映終了後
登壇者
西原孝至監督、兎丸愛美さん

※当日映画を観られた方対象、参加無料

関連イベント
2019年11/2(土)~11/8(金)

兵庫県立美術館「富野由悠季の世界」展開催記念!『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』上映&富野由悠季監督来場決定!

ガンダムの生みの親であり、「伝説巨神イデオン」「聖戦士ダンバイン」など数多くのオリジナルアニメーションの総監督を務め、国内外のアニメシーンに多大な影響を与えてきた富野由悠季さん。これまでの仕事を回顧する初の展覧会「富野由悠季の世界」を10/12(土)より兵庫県立美術館で開催することを記念し、関西7会場で富野作品のリレー上映が決定!当館では傑作と名高い『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』を上映いたします。
また、富野由悠季監督も初日に来場し、舞台挨拶を開催。関西中がガンダムに染まる2ヶ月、ぜひお楽しみください!

『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』上映

11/2(土)~11/8(金) 連日20:20~

舞台挨拶

日時
11/2(土) 20:20の回
登壇者
富野由悠季監督

※この回のみ、2,000円均一料金となります。無料鑑賞はできません。

チケット受付について

各日、当日9:50より受付を開始いたします。来られた順にチケットを販売し、ご入場整理番号を発行いたします。66番まで発行を終えたら、立ち見受付となります。立ち見の人数にも限りがございますのであらかじめご了承ください。事前予約はできませんので、ご注意ください。

関連イベント
2019年10/19(土)

『あいが、そいで、こい』柴田啓佑監督舞台挨拶開催決定!

『カメラを止めるな!』を生み出したENBUゼミナール・シネマプロジェクト第8弾!2001年の夏、海辺の田舎町を舞台に、イルカの調教師を夢見る台湾からの留学生の少女と高校最後の夏休みを過ごす少年のひと夏を描いた青春映画『あいが、そいで、こい』。公開を記念して、柴田啓佑監督の舞台挨拶開催が決定しました!

日時
10/19(土) 18:00の回上映終了後
登壇者
柴田啓佑監督

※当日映画を観られた方対象、参加無料

関連イベント
2019年10/13(日)・14(月祝)・19(土)・21(月)

『Workers 被災地に起つ』アフタートーク開催決定!

ひとりひとりの“願い”と“困りごと”から始まったワーカーズコープの仕事おこしは3.11後の東北にもその活動の場を広げました。ときに不器用に、ときに無謀に、ともに向き合い動くなかで優しく育まれるコミュニティの姿を映し出したドキュメンタリー『Workers 被災地に起つ』公開を記念して、アフタートークの開催が決定しました!

①10/13(日) 10:30の回上映終了後

※台風の影響のため中止になりました
会場
元町映画館2Fイベントルーム
登壇者
森康行監督

②10/14(月祝) 10:30の回上映終了後

会場
元町映画館2Fイベントルーム
登壇者
賀川一枝さん(編集者/カガワデザインワークショップ有限会社取締役)、森康行監督

③10/19(土) 12:10の回上映終了後

会場
元町映画館2Fイベントルーム
登壇者
ワーカーズコープ尼崎事業所、姫路事業所の職員の方々

④10/21(月) 12:10の回上映終了後

会場
こうべまちづくり会館2Fホール(元町映画館から西へ徒歩100m)
登壇者
内田樹さん(思想家/神戸女学院大学名誉教授)

※当日映画を観られた方対象、参加無料

関連イベント
2019年11/2(土)

『えんとこの歌 寝たきり歌人・遠藤滋』伊勢真一監督舞台挨拶開催決定!

「えんとこ」とは、遠藤滋のいるトコ。縁のあるトコ。ありのままのいのちを生かし合いながら生きるトコ。脳性麻痺で寝たきり生活を強いられながら、若い介助者たちの力を借りて短歌を詠み、生きる、伊勢監督の学生時代の友人である遠藤滋さん。35年寝たきり生活を送る遠藤さんと介助者たちの日々をベッドサイドで記録しつづけその交流やコミュニティのかたちを映し出したドキュメンタリー『えんとこの歌 寝たきり歌人・遠藤滋』の公開を記念して、伊勢真一監督の舞台挨拶を開催します。

日時
11/2(土) 10:30の回上映終了後
登壇者
伊勢真一監督

※当日映画を観られた方対象、参加無料

関連イベント
2019年10/19(土)・20(日)

『老人ファーム』三野龍一監督 & 三野和比古さん(脚本) & 半田周平(主演)さん舞台挨拶開催決定!

兄の龍一が監督、弟の和比古が脚本を担当する、三野兄弟による映画制作チーム「Mino Brothers」初の長編作『老人ファーム』。老人ホームで働く青年が直面する現実のさまざまな姿に、彼はどう感じ、どのような行動を起こすのか…。観る者の「正義」を揺るがす衝撃作の公開を記念して、三野兄弟と兵庫県出身の主演・半田周平さんの舞台挨拶開催が決定しました!

日時
10/19(土)・20(日) 各日20:20の回上映終了後
登壇者
三野龍一監督、三野和比古さん(脚本)、半田周平さん(主演)

※当日映画を観られた方対象、参加無料

お知らせ
2019年10/6(日)・27(日)

映画チア部自主上映会「チアシアター」10月は2つもやります!vol.5『正しいバスの見分け方』+『なれない二人』関西先行公開 & vol.6『近藤啓介監督特集』開催決定!

関西のミニシアターの魅力を伝えるべく結成された、学生による学生のための映画宣伝チーム【映画チア部】が自主上映会「チアシアター」を開催します!
第5回は、関西出身の高椅名月監督が中条あやみ、岡山天音、萩原みのりら人気キャストを起用した短編青春映画『正しいバスの見分け方』と、初ライブ出演を控えたお笑いコンビがトラブルに巻き込まれるひねりの効いたエンタメ作『なれない二人』を上映。
第6回は、近藤啓介監督特集。冒険家の女と可愛い女子大生の顔面会話劇&男4人の泥酔珍道劇『ウーマンウーマンウーマン』と、辻凪子とひと:みちゃんのロードムービー『網走の海』(『ウーマンウーマンウーマン』併映)と、ヨーロッパ企画の本田力主演のコメディ『食べられる男』を上映。
第5回は高椅名月監督、第6回は近藤啓介監督が来場し、チア部メンバーとのトークやサイン会も予定しています。

第5回

開催日
10/6(日)
会場
元町映画館2Fシアタールーム
上映作品
『正しいバスの見分け方』2015年/24分 →
『なれない二人』2018年/51分 →

第6回

開催日
10/27(日)
会場
元町映画館2Fシアタールーム
上映作品
『ウーマンウーマンウーマン』2019年/68分 →
+『網走の海』2018年/15分
『食べられる男』2016年/84分 →

詳細は映画チア部のHPをご覧ください→

主催:映画チア部/協力:元町映画館

関連イベント
2019年11/30(土)~12/13(金)

「フレデリック・ワイズマンのすべて in 関西」開催決定!『ニューヨーク公共図書館:エクス・リブリス』アンコール上映も!

1967年に初監督作となるドキュメンタリー『チチカット・フォーリーズ』を発表して以来、“現代社会の観察者”として独自の映像表現を展開し続けているドキュメンタリー作家フレデリック・ワイズマン。学校、警察、軍隊、議会など、アメリカの様々な施設・組織を撮り続けワイズマン自身が“〈われわれの生活様式の博物誌〉を紹介するドキュメンタリー・シリーズ”という作品群には、悲劇的であると同時に喜劇的、深刻でありながら滑稽、絶望の中にもユーモアが光る、矛盾に満ちた魅力的なアメリカの姿が映し出されています。
そんな唯一無二のドキュメンタリー作家であるワイズマンの作品群を、関西の5つの劇場と1つの大学で上映するレトロスペクティブを10月より順次開催します。元町映画館では11月末より〈ワイズマンが見つめたアメリカ〉をテーマに、6作品を上映します。

上映作品

『大学 ―At Berkeley』2013年/244分/DCP ★日本初公開 ※途中休憩あり
『チチカット・フォーリーズ』1967年/84分/BD
『パナマ運河地帯』1977年/174分/BD
『ボクシング・ジム』2010年/91分/BD
『ニューヨーク、ジャクソンハイツへようこそ』2015年/189分/DCP
『ニューヨーク公共図書館:エクス・リブリス』2017年/205分/DCP ※途中休憩あり

上映スケジュール

11/30(土) 12:50~『大学』
12/1(日) 12:50~『ボクシング・ジム』|14:40~『チチカット』
12/2(月) 12:50~『大学』
12/3(火) 12:50~『チチカット』|14:40~『ジャクソンハイツ』
12/4(水) 12:50~『パナマ運河』|16:10~『ボクシング・ジム』
12/5(木) 12:50~『大学』
12/6(金) 12:50~『ジャクソンハイツ』|16:20~『チチカット』

12/7(土)~12/13(金) 12:30~『ニューヨーク公共図書館』

料金

『大学』『ニューヨーク公共図書館』:当日一般2,000円 ほか割引対象者は1,500円
その他の作品:当日一般1,500円 ほか割引通常通り

公式サイト→

スケジュール→

主催:シネ・ヌーヴォ、出町座、京都みなみ会館、神戸映画資料館、元町映画館、シネ・ピピア、同志社大学寒梅館ハーディーホール
共催:コミュニティシネマセンター
特別協力:ジポラフィルム
協力:アテネ・フランセ文化センター、山形国際ドキュメンタリー映画祭、弘前大学医学部

関連イベント
2019年10/20(日)

『太陽がほしい』班忠義監督舞台挨拶開催決定!

「私は“慰安婦”ではない―」中国人女性たちの言葉に耳を傾け、寄り添い、支え、記録を続けた20年。日本兵による身体的・精神的な暴力で体調や精神に異常をきたしながらこれまで一切の補償を受けられず、戦後半世紀を過ぎても癒えることのない苦しみの只中にあった女性たちの支援活動を続けてきた班忠義監督が20年間の記録を劇場用にまとめたドキュメンタリー『太陽がほしい』。公開を記念して、班監督の舞台挨拶を開催します。

日時
10/20(日) 10:00の回上映終了後
登壇者
班忠義監督

※当日映画を観られた方対象、参加無料

お知らせ
2019年9/7(土)~11/1(金)

日本の“ヤバイ”インディーズ映画6作品でのスタンプラリー開催!「日本で一番ヤバイ奴ら ~今、最も危険な映画数珠つなぎ~」

“安全”な場所から“安心”して観ることができるメジャー映画とちがって、インディーズ映画には危険がいっぱい。トンでもない設定、ド肝を抜かれる展開、ギリギリの描写、常識をひっくり返される表現…。そんなインディーズ映画だからこその醍醐味を体感してもらうべく、6作品でのスタンプラリーを実施します。6作品すべてご鑑賞された方には、2019年いっぱい元町映画館で映画を1,000円でご鑑賞いただけるスペシャルパスをプレゼント!このパスを使ってよりいっそう深く映画の世界にハマりこんでください。

対象作品

『みぽりん』(9/7~9/13)
『歯まん』(9/14~9/20)
『天然☆生活』(9/21~9/27)
『バイオレンス・ボイジャー』(10/12~10/18)
『老人ファーム』(10/19~10/25)
『ガーデンアパート』(10/26~11/1)

スタンプラリー

『みぽりん』ご鑑賞の方に、スタンプラリーチラシをお渡しします。その後対象作品ご鑑賞時にスタンプラリーチラシをご提示いただくと、スタンプを押印します。スタンプ6個を達成された方には、【元町映画館で映画を1,000円で鑑賞できるスペシャルパス】(※2019年12月30日まで有効/特別料金の作品、特別興行は対象外)を進呈します。

お知らせ
2019年10月~12月

「池谷薫 ドキュメンタリー塾」【第6期】10/1より開講!

世界を映し出す鏡であるドキュメンタリー。そこには、ときに劇映画をしのぐ「人間のドラマ」が存在します。対象との関係の築き方、撮影・編集のテクニック、ドキュメンタリーならではの演出法…。
「人間を撮る」をテーマに多数のテレビドキュメンタリーと4本の映画(『延安の娘』『蟻の兵隊』『先祖になる』『ルンタ』)を制作し、数々の国際映画賞に輝く池谷薫監督が、上映と映像クリップを使った解説で自作をとことん語り尽くす人気企画「池谷薫 ドキュメンタリー塾」。その第6期を10/1より開講します。
ドキュメンタリーについて深く学びたい方、映像制作に興味のある方、ふるってご参加ください!

日時・カリキュラム


各回18:45受付・開場|19:00開始(21:00終了予定)
【第1回】
10/1(火)
ドキュメンタリーは“フィクション”である
鑑賞作品:NHKスペシャル「広州青春グラフィティ」
【第2回】
10/15(火)
シナリオを超えるドキュメンタリー
鑑賞作品:映画『先祖になる』
【第3回】
10/29(火)
物語をどう編むか
映像クリップを使った『先祖になる』の徹底解説
【第4回】
11/5(火)
セルフドキュメンタリーの可能性
鑑賞作品:映画『ちづる』
【第5回】
11/19(火)
旅からうまれる
鑑賞作品:TBS報道特集「ダライ・ラマは語る」
【第6回】
11/26(火)
チベットの「心」を撮る
鑑賞作品:映画『ルンタ』
【第7回】
12/3(火)
人間の尊厳とは何か
映像クリップを使った『ルンタ』の徹底解説

受講料

各回2,000円(学生1,000円 ※要学生証)
全7回受講10,000円(初回に一括支払い)
※いかなる場合もお支払い後の返金はできかねます

定員

各回35名

ご予約

ドキュメンタリー塾の公式Facebookページにアクセスし、「予約する」ボタンからご希望の日程をお申込みください。元町映画館店頭やお電話でも受付しています。

公式Facebook→
元町映画館 TEL:078-366-2636





お知らせ
2019年9月

元町映画館スタッフがレギュラーでラジオに出演中。

当館の広報スタッフをはじめ、劇場スタッフが下記ラジオ番組にて出演中。映画の面白さを発信しております。 劇場招待券などリスナープレゼントもあり。ぜひお聴き逃しなく!!

BAN-BANラジオ

番組名
「ウキバンFRIDAYの1コーナー Cinema Cafe Brava」
MC:石川麻優さん
放送局
BAN-BANラジオ
FM86.9MHz
番組内容
観た後に「ブラボー」と言いたくなるような映画情報をお伝えしていきます。
今日も映画好きなお客さんが来てくれますよ~
放送日
10/11(金)13:30~
※毎月第2金曜日、生放送
再放送は当日午後9時過ぎから放送
紹介映画
『ディリリとパリの時間旅行』
(監督:ミッシェル・オスロ/2018年/94分/フランス・ドイツ・ベルギー合作/Dilili a Paris)

ラジオ関西

番組名
「谷五郎の笑って暮らそう」の1コーナー
『笑って元映・シネマこの1本』
MC:谷五郎さん(メイン)、
田名部真理さん(アシスタント)
放送局
ラジオ関西
JOCR 558KHz
番組内容
兵庫県内のオススメ情報、旬な話題などを取り上げながら毎回ゲストを交えての楽しいトークでお送りする生放送!
放送日時
10/1(火)11:35~
※毎月第一火曜日、生放送
紹介映画
『ディリリとパリの時間旅行』
(監督:ミッシェル・オスロ/2018年/94分/フランス・ドイツ・ベルギー合作/Dilili a Paris)

動画配信サービスSHOWROOM

番組名
「狐娘と路上の華」
MC:月溪さらさん
番組内容
モデルとしても活躍する月溪さらさんをメインMCに身近にある音楽・元町映画館で上映予定の映画を含め「あまり知られていないけれども、どこか光っている」モノやコト、「人や、人がつくったもの」について、ゲストとともに紹介。
配信日
9/29(日)20:00~

エフエムみっきぃ

番組名
「もっと映画を観よう!~元町映画館シネマガイド~」
MC:アケさん
放送局
エフエムみっきぃ
76.1MHz
番組内容
三木市には映画館がありません。映画を観ようと思ったら、車や電車で1時間くらい移動しなければなりません。でも、時間とお金をかけても、映画には魅力があります。三木市の皆さんにもっと映画を観て頂きたく、今月から始まったこのコーナーは、神戸元町4丁目にある、元町映画館の方に電話を繋いで、現在公開中の映画、近々公開される作品の紹介など、映画の魅力をたっぷりお聞きします。
放送日時
10/8(火)18:00~18:15
※毎月第2火曜日、生放送
紹介映画
『ディリリとパリの時間旅行』
(監督:ミッシェル・オスロ/2018年/フランス・ベルギー・ドイツ/94分)

関連サイト

BAN-BANラジオ →
ラジオ関西 →
『ディリリとパリの時間旅行』公式サイト →
月溪さらさんTwitter →
月溪さらさんInstagram →
SHOWROOM →
エフエムみっきぃ →
 

※リスナープレゼントあり。
生放送のため、当日の内容は変更になることもございます。
予めご了承ください。

本日の上映作品

Tweets