トピックス

お知らせ
緊急のお知らせ

全面禁煙のお知らせ

いつも元町映画館をご愛顧いただき誠にありがとうございます。

この度2019年7/13(土)より全面禁煙とさせていただき、喫煙場所の灰皿を撤去いたします。

喫煙者のお客様にはご不便あるかと存じますが、何卒ご理解とご協力のほど心よりお願い申し上げます。

お知らせ
2019年8/17(土)~8/23(金)

元町映画館9周年 × YIDFF30周年「山形国際ドキュメンタリー映画祭傑作選」開催決定!トークイベントも開催

1989年に第1回が開催され、ドキュメンタリー映画の世界に独自の地位を築いてきたYIDFF-「山形国際ドキュメンタリー映画祭」。今年10月の開催で、記念すべき30周年となる第16回を迎えようとしています。
元町映画館の設立を発案した堀忠は本映画祭をこよなく愛しており、毎回足を運んでいます。そこで9周年記念企画として、映画祭で注目を集めた秀作/受賞作ながらこれまで上映権が輸入されず一般公開の機会がなかった作品の中から、堀みずから厳選した5作品を特集上映し映画祭の30年を振り返ります。

上映期間
8/17(土)~8/23(金)
上映スケジュールはこちら→
上映作品
『スクリーンプレイ:時代』
1993年|ドイツ|284分 ※途中休憩あり|35mm|監督:ヴィンフリート・ユンゲ、バーバラ・ユンゲ
1995年優秀賞 1995年市民賞

子どもたちの成長を30年にわたって記録しようと試みられた旧東ドイツの国家的プロジェクト。作っている当人、写っている子どもたち、誰も、いまこのプロジェクトを可能にしているシステムそのものがなくなってしまうとは思ってもいなかった。

『要塞』
2008年|スイス|105分|35mm|監督:フェルナン・メルガル
2009年優秀賞

元町映画館プレオープン上映作品、9年ぶりの再上映。各国からの難民を選別する山奥の収容施設。少女の「症状」をみる観客の、あなたの目線のみなもとが問われる。9年たって、「世界」は、あなたはどのように変わってきたのか、こなかったのか。

『阿仆大(アプダ)』
2010年|中国|145分|Blu-ray|監督:和淵(ホー・ユェン)
2011年優秀賞

ひとり息子が、民族歌謡の歌い手としてかつて高名をはせた父親の最後をみとろうとしている。人が老いを迎えて、「自然に」死を迎える数日間。人間の死生について、別の在り方を考えるためには別の時間の流れの中に入らなければならない。

『殊勲十字章』
2011年|アメリカ|62分|Blu-ray|監督:トラヴィス・ウィルカーソン
2011年特別賞

こちらは「国家的プロジェクト」とは対極。自宅の一室、手持ちのカメラで撮られたホーム・ムーヴィーの極北。久しぶりに息子たちと食卓をともにした父親が、一本のワインで問わず語りに語り始める、ベトナムでの青春、勲功、武勇伝あるいは蛮行の数々。

『革命の歌』
2006年|フィンランド|80分|35mm|監督:ヨウコ・アールトネン
1960~70年代にフィンランドの若い世代を席巻した、「政治歌謡運動(ポリティカル・ソング・ムーブメント)」と、かつての若者たちの40年後。左派の時代、おとぎの国の「歌謡運動」も、やはり分裂や「党派間」抗争を経験する。
トークイベント
theme #1「山形国際ドキュメンタリー映画祭の魅力」
8/18(日)『殊勲十字章』15:50の回上映後
◆登壇者:楠瀬かおりさん(映画祭デイリー・ニュースボランティアスタッフ)

theme #2「元町映画館開館から10周年に向けて」
8/21(水)『要塞』14:30の回上映後
◆登壇者:堀忠さん(医師/元町映画館創立者)

theme #3「ドキュメンタリー映画の魅力」
8/22(木)『阿仆大』14:40の回上映後
◆登壇者:池谷薫さん(映画監督/甲南女子大学教授)
料金
『スクリーンプレイ』 ¥2,200均一 ※無料鑑賞不可
その他4作品 一般¥1,500/学生・障がい者¥1,000/シニア・サービスデー¥1,100 ほか

お知らせ
2019年8/17(土)~8/23(金)

元町映画館9周年 × YIDFF30周年「山形国際ドキュメンタリー映画祭傑作選」来場者プレゼント決定!

8/17(土)~23(金)に開催する特集上映「山形国際ドキュメンタリー映画祭傑作選」ご来場の方、毎日先着10名さまに映画祭グッズをプレゼント!この機会にぜひドキュメンタリー映画の魅力を発見し、10月に開催される映画祭へも足を運んでみてください。
提供:山形国際ドキュメンタリー映画祭事務局

【プレゼント内容】※下記より1点/それぞれ限定数、なくなり次第終了

・「山形国際ドキュメンタリー映画祭2017」公式カタログ
・「山形国際ドキュメンタリー映画祭2017」インタビュー集
・「山形国際ドキュメンタリー映画祭2017」ヴィジュアルブックレット
・「山形国際ドキュメンタリー映画祭2013」富士紙器コラボ手ぬぐい
・「山形国際ドキュメンタリー映画祭2019」オリジナル缶バッジ

お知らせ
2019年8/25(日)

『名探偵 一色誠~踊る殺人事件~』完成初披露上映会開催決定!

2分で難事件を解決する「名探偵一色誠」シリーズ最新作を最速初公開。上映に合わせて一田久作監督の短編+トークイベントを開催します!

日時
8/25(日)17:40~19:10
※開場受付は17:25を予定
場所
元町映画館2階イベントスペース
料金
1,000円
上映作品
『名探偵 一色誠~踊る殺人事件~』含め6作品を予定
ゲスト
一田久作監督、他ゲスト
主催
一田久作監督

詳細/予約/お問い合わせ

公式サイト→
※座席数が少ないため、ぜひ予約をお願いいたします。
予約で満席となった場合は当日券の販売はございません。

お知らせ
2019年9/1(日)

「KOBE CINEMA PORT フェス」キックオフイベント:「支配人トーク ミニシアターコソコソ内緒話~聞いてみたかったアレコレお答えします!~」開催決定!

2年目となる「KOBE CINEMA PORT フェス」キックオフイベントとして、主催劇場4館の支配人たちによるトークイベントを開催します!フェスのおすすめ情報や映画情報のほか、みなさまからの「こんなこと聞いてみたい!」というご質問になんでも(?!)お答えします!!気になるけど聞けなかったことを知ることができるチャンス!公式Twitterアカウントでみなさまからのご質問を募集しますのでぜひお気軽にどうぞ。さらにご来場のみなさまにオリジナルグッズのプレゼント、なんと6枚綴りのフェスチケットが当たる抽選も行います!参加しないとソンソン!!

日時
9/1(日) 11:00~12:30 ※10:45開場
会場
元町映画館2Fイベントルーム
登壇者
岡本酉子(神戸アートビレッジセンター支配人)、小山岳志(パルシネマしんこうえん支配人)、木谷明博(Cinema KOBE支配人)、林未来(元町映画館支配人)
司会進行
羽仁真理子(神戸アートビレッジセンタースタッフ)
料金
無料(ご予約不要)
定員
30名

お知らせ
2019年9/1(日)~9/30(月)

「映画のまち・神戸」をまるごと楽しむ、神戸のミニシアター4館がタッグを組んだ地域イベント「KOBE CINEMA PORT フェス」今年も開催!

日本で初めて映画が上陸し、評論家の淀川長治さんをはじめ偉大な映画人を輩出してきたまち・神戸。そんな神戸の街を映画とグルメ、イベントで楽しもうと、神戸アートビレッジセンター、Cinema KOBE、パルシネマしんこうえん、元町映画館の4劇場が企画する「KOBE CINEMA PORT フェス」を今年も開催します。
9/14(土)~23(月・祝)のメイン期間には、各館がフェスのために企画した特別な作品を上映。ふだんとはちょっと趣向の違う上映ラインナップをお楽しみいただけます。元町映画館では、フィンランドとの外交樹立100周年を記念して「WE♡FINLAND」特集を開催。『劇場版 ムーミン谷の彗星 パペット・アニメーション』と『かもめ食堂』(35mmフィルム上映)を上映します。
また、各館周辺のフェス参加店では、共通チケットを使用してグルメなどをお得に楽しめます。特に今年は元町の参加店がドンと増えました!そのほか大人から子どもまで楽しめるワークショップも多数開催します。

開催期間
9/1(日)~9/30(月)
※メイン期間:9/14(土)~9/23(月・祝)
共通券
(6枚綴り):前売3,000円|当日3,600円
※神戸アートビレッジセンター、Cinema KOBE、パルシネマしんこうえん、元町映画館にて販売中
特集企画
9/14(土)~9/20(金) 10:30~『劇場版 ムーミン谷の彗星 パペット・アニメーション』
9/21(土)~9/28(金) 14:50~『かもめ食堂』*35mmフィルム上映
参加店舗
〈新開地エリア〉
COZZY COFFEE / はらドーナッツ / HOSTEL ユメノマド / 喫茶大力 / 喫茶エデン / 高田屋京店 / じゅわっち / 八喜為 / 醸造 酒専門店 スタンドねこしゃん / 家庭料理の店やよい / カラオケハニー / ボートピア新開地ピア / 肉バル Sow / はっちゃんの台 所 / 甘味処 福茶庵 /book and café gleam / 中畑商店 / お好み焼きひかり / 湊湯 / メトロ卓球場 / インドアゴルフ練習場 hangol

〈元町エリア〉
堀江座 / のらまる食堂 / ポルトパニーノ / kuu カレー / KIMICO / café Cru. / 元町通り三丁目 / 喫茶ポエム / 1003 / JUNK FOOD CAFÉ SHELBY / パーラークニヲ

関連イベント
2019年8/25(日)

『沈没家族 劇場版』加納土監督×森本アリさんトーク開催決定!

90年台なかば、シングルマザーの母が始めた共同保育の試み「沈没家族」でいろんな若者たちに育てられた加納土監督が、自身の半生を振り返り“家族のカタチ”を見つめ直すドキュメンタリー『沈没家族 劇場版』。公開を記念して、加納土監督と森本アリさんのトークイベントを開催します!子育て中の方、コミュニティに興味のある方、ぜひご参加ください。

日時
8/25(日) 12:40の回上映終了後
会場
元町映画館2Fイベントルーム
登壇者
加納土監督、森本アリさん(音楽家、旧グッゲンハイム邸管理人)

※当日映画を観られた方対象、参加無料

お知らせ
2019年8/25(日)

「浪曲映画 in 関西」公開記念「会津の小鉄」浪曲口演&トーク開催!

8月に当館を含む京阪神3館で映画上映と浪曲公演をセットにした「浪曲映画ー情念の美学in関西」を開催します。当館では浪曲師・玉川奈々福さんの口演に加え、会津の小鉄を主人公にした加藤泰監督の『炎のごとく』をフィルム上映いたします。そのプレ企画として、会津の小鉄を十八番とする京山幸枝若一門の新進気鋭の若手で加古川出身の京山幸太さんをお招きし、昨年新開地にできた常設の寄席・喜楽館にて浪曲会を開催いたします!幸太さんには会津の小鉄が登場する演目2席に加え、合間には元町映画館スタッフと浪曲・映画・史実、それぞれにおける「任侠」というものはどう描かれてきたのか、スペシャルトークを実施しますのでそちらもお楽しみに!

会場
喜楽館
住所:神戸市兵庫区新開地2丁目4-13
TEL:078-335-7088
日時
2019年8/25(日) 17:15開場 17:45開演
出演者
京山幸太(浪曲師)、一風亭初月(曲師)、酒見亮(元町映画館スタッフ)
料金
前売2,000円、当日2,500円
チケット販売
喜楽館窓口(11:00-19:00)
チケットぴあ【Pコード:597-410】
TEL 0570-02-9999
セブンイレブン、チケットぴあ店頭でも販売

主催・お問い合わせ:元町映画館

関連イベント
2019年8/7(水)~8/23(金)

『Tribe Called Discord:Documentary of GEZAN』公開記念企画続々決定!

①「GEZAN×池野詩織 写真展」開催!

ファッション、音楽、アートなど幅広いシーンで活動する写真家の池野詩織の撮影写真を展示する「GEZAN×池野詩織 写真展」を2Fロビーにて展開!

期間
8/7(水)~8/23(金)
料金
無料

②GEZANメンバーサイン入りポスターをプレゼント!

『Tribe Called Discord:Documentary of GEZAN』を当館でご鑑賞のお客様の中から、抽選で期間中毎日1名のお客様にGEZANメンバー4人のサインが入った映画ポスターをプレゼントいたします!

期間
8/18(日)~8/23(金)
※初日8/17(土)は監督舞台挨拶開催のため対象外

お知らせ
2019年10月~12月

「池谷薫 ドキュメンタリー塾」【第6期】10/1より開講!

世界を映し出す鏡であるドキュメンタリー。そこには、ときに劇映画をしのぐ「人間のドラマ」が存在します。対象との関係の築き方、撮影・編集のテクニック、ドキュメンタリーならではの演出法…。
「人間を撮る」をテーマに多数のテレビドキュメンタリーと4本の映画(『延安の娘』『蟻の兵隊』『先祖になる』『ルンタ』)を制作し、数々の国際映画賞に輝く池谷薫監督が、上映と映像クリップを使った解説で自作をとことん語り尽くす人気企画「池谷薫 ドキュメンタリー塾」。その第6期を10/1より開講します。
ドキュメンタリーについて深く学びたい方、映像制作に興味のある方、ふるってご参加ください!

日時・カリキュラム


各回18:45受付・開場|19:00開始(21:00終了予定)
【第1回】
10/1(火)
ドキュメンタリーは“フィクション”である
鑑賞作品:NHKスペシャル「広州青春グラフィティ」
【第2回】
10/15(火)
シナリオを超えるドキュメンタリー
鑑賞作品:映画『先祖になる』
【第3回】
10/29(火)
物語をどう編むか
映像クリップを使った『先祖になる』の徹底解説
【第4回】
11/5(火)
セルフドキュメンタリーの可能性
鑑賞作品:映画『ちづる』
【第5回】
11/19(火)
旅からうまれる
鑑賞作品:TBS報道特集「ダライ・ラマは語る」
【第6回】
11/26(火)
チベットの「心」を撮る
鑑賞作品:映画『ルンタ』
【第7回】
12/3(火)
人間の尊厳とは何か
映像クリップを使った『ルンタ』の徹底解説

受講料

各回2,000円(学生1,000円 ※要学生証)
全7回受講10,000円(初回に一括支払い)
※いかなる場合もお支払い後の返金はできかねます

定員

各回35名

ご予約

ドキュメンタリー塾の公式Facebookページにアクセスし、「予約する」ボタンからご希望の日程をお申込みください。元町映画館店頭やお電話でも受付しています。

公式Facebook→
元町映画館 TEL:078-366-2636

関連イベント
2019年9/7(土)

『米軍(アメリカ)が最も恐れた男 カメジロー 不屈の生涯』佐古忠彦監督&内村千尋さん舞台挨拶開催決定!

アメリカ占領下の沖縄で、不屈の精神で米軍の圧政に立ち向かった男・カメジロー。沖縄の戦後史が詰まった政治家・瀬長亀次郎の生き様を関係者の証言や貴重な映像によって描いた『米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー』。2017年の公開時に沖縄をはじめ全国で大ヒットしました。その後230冊以上に及ぶカメジローの日記にふたたび向き合った佐古忠彦監督が、前作で盛り込めなかった“人間”カメジローの素顔や家族の歩みを描いたのが『米軍(アメリカ)が最も恐れた男 カメジロー 不屈の生涯』。公開を記念して、佐古忠彦監督と、瀬長亀次郎の次女・内村千尋さんの舞台挨拶開催が決定しました!

日時
9/7(土) 10:00の回上映終了後
登壇者
佐古忠彦監督、内村千尋さん

※当日映画を観られた方対象、参加無料
※この回のみ、招待券・5つたまったスタンプカードでのご入場はできません。

お知らせ
2019年10/12(土)~10/18(金)

イスラエル文学賞受賞者・2007年カンヌ国際映画祭カメラドール受賞者エトガル・ケレット&シーラ・ゲフェン来日イベント開催決定!

2019年10月11日から22日にかけて、甲南大学 KONANプレミア・プロジェクトにより、イスラエルの短編小説作家エトガル・ケレットと映画監督・女優のシーラ・ゲフェン(夫妻)を招聘します。
来日に合わせて、両氏の作品を上映する映画祭を当館を含めた複数会場で実施します。カメラドールを受賞した『ジェリーフィッシュ』や2018年国際エミー賞芸術部門受賞『エトガル・ケレット ホントの話』を含めた4作品を一挙上映。さらに当館以外にも甲南大学などではあのゲストをお呼びしてのクロストークイベントを開催します。続報をお待ちください!

「エトガル・ケレット&シーラ・ゲフェン」来日イベント@元町映画館

期間
10/12(土)~10/18(金)
ゲスト紹介
エトガル・ケレット(Etgar Keret)(1967-)
イスラエルの超短編作家、映画監督。両親はポーランドでのホロコースト体験者。義務兵役中に親友が自殺したことをきっかけに小説を書き始める。世界40か国以上で翻訳され読まれている、現代の「世界文学」における最重要作家の一人である。

シーラ・ゲフェン(Shira Geffen)(1971-)
イスラエルの映画監督、脚本家、女優。2007年のカンヌ国際映画祭において、映画『ジェリーフィッシュ』でカメラドールを受賞。2014年には『ジェリーフィッシュ』で主演を演じたサラ・アドラーを起用した『Self Made(Boreg)』を撮っている。
上映作品
『ジェリーフィッシュ』
※2007年カンヌ国際映画祭カメラドール受賞
(監督:エトガル・ケレット、シーラ・ゲフェン/イスラエル・フランス/2007年/78分)

『エトガル・ケレット ホントの話』
※2018年国際エミー賞芸術部門受賞
(監督:ステファン・カース/オランダ/2017年/67分)

『リストカッターズ』
(監督:ゴラン・デュキック/アメリカ/2007年/88分)

『ミドルマン 前編・後編』
(監督:エトガル・ケレット、シーラ・ゲフェン/フランス/2019年)
主催
甲南大学
後援
イスラエル大使館、河出書房新社

公式サイト→

※映画祭は京都の出町座、東京の VACANTでも実施予定。
詳しい上映スケジュール、入場料金等の詳細は8月決定予定
※その他の関連イベントは公式サイトから告知予定

関連イベント
2019年8/31(土)

『ヒロシマ ナガサキ 最後の二重被爆者』稲塚秀孝監督舞台挨拶開催決定!

広島と長崎で2度原爆の被害に遭った“二重被爆者”をテーマに、これまで2つの映画をつくってきた稲塚秀孝監督。故・山口彊さんの語り部活動をふり返り、新たに3名の二重被爆者の証言を紹介するドキュメンタリー『ヒロシマ ナガサキ 最後の二重被爆者』の公開を記念して、稲塚秀孝監督の舞台挨拶が決定しました!

日時
8/31(土) 10:30の回上映終了後
登壇者
稲塚秀孝監督

※当日映画を観られた方対象、参加無料

関連イベント
2019年8/24(土)

『ロビンソンの庭 デジタルリマスター版』山本政志監督舞台挨拶開催決定!

80年代のインディーズムーブメントを牽引していた映画監督、山本政志。その伝説の作品が30年を経てよみがえる!町田町蔵やJAGATARA、江戸アケミなどのミュージシャンを多数起用し、荒廃した物質文明とその毒さえ養分にする自然のエネルギーを生命力溢れる映像と音楽で描いた『ロビンソンの庭』のデジタルリマスター版公開を記念して、山本政志監督の舞台挨拶を開催します。大脳直撃の衝撃作を、今こそスクリーンで体験してください!

日時
8/24(土) 20:00の回上映終了後
登壇者
山本政志監督

※当日映画を観られた方対象、参加無料

お知らせ
2019年9/22(日)

生演奏つきサイレント映画上映会「SILENT FILM LIVE #05」開催決定!

サイレント(無声)映画を生演奏つきで観る「SILENT FILM LIVE」。第5回目は、関西でほとんど上映の機会のなかった『真紅の文字』を上映します。D.W.グリフィス作品で知られるサイレント時代の名女優リリアン・ギッシュが自ら映画化を熱望し、監督にスウェーデン出身の名匠ヴィクトル・シェストレムを指名。牧師役のラース・ハンソンとの競演に圧倒させられる傑作です。

上映作品
『真紅の文字』(1926年/アメリカ/87分)
ピアノ演奏
鳥飼りょう
日時
9/22(日) 開場13:30 開演14:00
会場
元町映画館2Fイベントルーム
料金
2000円/学生1000円/「KOBE CINEMA PORTフェス2019」チケット3枚
定員
30名
ご予約
元町映画館店頭またはお電話、ご予約専用メールにて受付いたします。【お名前|参加人数|お電話番号】をお知らせください。定員に達し次第受付を締め切ります。
TEL078-366-2636
event_motoei@yahoo.co.jp
※メールの返信には数日を要する場合があります。返信なき場合は再度お問い合わせください。

協力:マツダ映画社





お知らせ
2019年7月

元町映画館スタッフがレギュラーでラジオに出演中。

当館の広報スタッフをはじめ、劇場スタッフが下記ラジオ番組にて出演中。映画の面白さを発信しております。 劇場招待券などリスナープレゼントもあり。ぜひお聴き逃しなく!!

BAN-BANラジオ

番組名
「ウキバンFRIDAYの1コーナー Cinema Cafe Brava」
MC:石川麻優さん
放送局
BAN-BANラジオ
FM86.9MHz
番組内容
観た後に「ブラボー」と言いたくなるような映画情報をお伝えしていきます。
今日も映画好きなお客さんが来てくれますよ~
放送日
9/13(金)13:30~
※毎月第2金曜日、生放送
再放送は当日午後9時過ぎから放送
紹介映画
『かもめ食堂』
(監督:荻上直子/2005年/日本/102分/ROUKALA LOKKI)

ラジオ関西

番組名
「谷五郎の笑って暮らそう」の1コーナー
『笑って元映・シネマこの1本』
MC:谷五郎さん(メイン)、
田名部真理さん(アシスタント)
放送局
ラジオ関西
JOCR 558KHz
番組内容
兵庫県内のオススメ情報、旬な話題などを取り上げながら毎回ゲストを交えての楽しいトークでお送りする生放送!
放送日時
9/3(火)11:35~
※毎月第一火曜日、生放送
紹介映画
『かもめ食堂』
(監督:荻上直子/2005年/日本/102分/ROUKALA LOKKI)

動画配信サービスSHOWROOM

番組名
「狐娘と路上の華」
MC:月溪さらさん
番組内容
モデルとしても活躍する月溪さらさんをメインMCに身近にある音楽・元町映画館で上映予定の映画を含め「あまり知られていないけれども、どこか光っている」モノやコト、「人や、人がつくったもの」について、ゲストとともに紹介。
配信日
7/25(木)20:00~21:00

エフエムみっきぃ

番組名
「もっと映画を観よう!~元町映画館シネマガイド~」
MC:アケさん
放送局
エフエムみっきぃ
76.1MHz
番組内容
三木市には映画館がありません。映画を観ようと思ったら、車や電車で1時間くらい移動しなければなりません。でも、時間とお金をかけても、映画には魅力があります。三木市の皆さんにもっと映画を観て頂きたく、今月から始まったこのコーナーは、神戸元町4丁目にある、元町映画館の方に電話を繋いで、現在公開中の映画、近々公開される作品の紹介など、映画の魅力をたっぷりお聞きします。
放送日時
8/27(火)18:00~18:15
※毎月第2火曜日、生放送
※今回は変則的スケジュール

関連サイト

BAN-BANラジオ →
ラジオ関西 →
月溪さらさんTwitter →
月溪さらさんInstagram →
SHOWROOM →
エフエムみっきぃ →
 

※リスナープレゼントあり。
生放送のため、当日の内容は変更になることもございます。
予めご了承ください。

お知らせ
2019年8/29(木)

映画ミーツ浪曲「浪曲映画 in 関西 ―情念の美学」開催決定!玉川奈々福さんの浪曲口演あり!

明治大正から戦後の一時期まで長らく大衆娯楽の王者として君臨してきた「浪曲」。1930年代~50年代まで、山中貞雄、中川信夫、森一生、斎藤寅次郎、三隅研次、加藤泰、マキノ雅弘らが浪曲・講談演目を脚本とした映画を次々と制作。その後衰えた浪曲人気が、ここ数年高まりを見せています。変容しつつも日本人のDNAを受け継いできた浪曲の魅力に、映画と口演で迫るスペシャル企画です。8/27(火)には京都みなみ会館で、8/28(水)には大阪シネ・ヌーヴォで開催されます。

日時
チケット販売開始 当日12:30より
※受付順に整理番号を発行いたします

8/29(木) 13:15開場|13:30開始
13:30~16:10 挨拶/映画上映
16:20~17:00 玉川奈々福さん「金魚夢幻」口演(曲師:沢村さくらさん)
上映作品
『炎のごとく』
1981年/監督:加藤泰/出演:菅原文太、倍賞美津子/147分/35mm
料金
2,500円均一(映画+浪曲口演のセット)
※特別興行につき各種割引は不可、招待券や5つたまったスタンプカードはご使用いただけません。
※浪曲だけの観覧はできません。

京都みなみ会館→
シネ・ヌーヴォ→

お知らせ
2019年9/19(木)

映画で英語を楽しく学びませんか?【ENGLISH CAFE at 元町映画館 レッスン10】懐かしの名子役『ウォルター少年と、夏の休日』開催

ベビーマッサージ&ベビーヨガ教室、おやこえいごなどを定期的に開催している団体「Kobe Family Labo」。こちらで活躍中のスタッフさんのご協力で映画館で英語を体験する時間が「ENGLISH CAFE at 元町映画館」。映画と組み合わせることで英語を楽しく学びます。英語が苦手な方や初心者の方でもお気軽にご参加いただけます。今回は今回は『シックス・センス』で一躍スタートなったハーレイ・ジョエル・オスメント主演のヒューマン・ドラマ『ウォルター少年と、夏の休日』で実施します。

開催概要

タイトル
ENGLISH CAFE at 元町映画館 レッスン10
日時
2019年9/19(木) 10:30~12:00
受講料
¥1000/1回
場所
元町映画館2階ロビー(神戸市中央区元町通4丁目1-12)
定員
15名
参考映画
『ウォルター少年と、夏の休日』
(監督:ティム・マッキャンリーズ/2003年/アメリカ/110分/SECONDHAND LIONS)

講師

田中亜紀さん
英語講師。中学生の時アメリカ旅行で自分の習いたての英語が通じて英語にはまる。芦屋南高校国際文化科(現芦屋国際高校)卒業、日本の大学卒業後2年間アメリカに留学、帰国後、外資系ホテルフロントで国内外のお客様の接客に従事。
現在、こども英語教室主宰。自身の教室以外でもおやこえいご、大人向け英語講座などを開講。TOEIC 910点。

申し込み方法

必要事項を明記の上、(akirabbit722@gmail.com)までお送りください。
①件名:ENGLISH CAFE at 元町映画館 レッスン10 申し込み
②参加者のお名前
③好きな映画
④お子様連れの場合は年齢と参加人数
※申込締切:9/18(水) 12時00分
※当日の受付/精算は1階劇場受付で行います。その後、会場となる2階へご案内します。

関連サイト

Yahoo!映画
田中亜紀さんによるブログ
Kobe Family Labo

お知らせ
 

【特別料金のお知らせ】

以下の上映作品は長尺のため通常料金とは異なり特別料金になります。作品によりサービスデーなど対象外作品もございます。ご確認の上、ご来場ください。

サタンタンゴ


上映期間
9/28(土)~10/11(金)
入場料金
一律3900円
※招待券、スタンプ5つたまったもの使用不可

前売券について

作品により、お得な前売券も発売中です。当館は全席自由席となります。前売券をお持ちの方も当日、劇場受付にて必ず整理券との交換が必要となります。

発売中の前売券はこちら→

本日の上映作品

Tweets