イベントレポート

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

2019.1.27
『岡本太郎の沖縄』葛山喜久監督×坪谷令子さんトーク開催しました!

芸術家・岡本太郎が生涯追い求め続けた「日本人とは」「自分自身とは」という問い、その旅の最後に出会った沖縄。太郎は沖縄で何を見つけたのか、そして〈岡本太郎の沖縄〉が今の私たちに語りかけてくるものとは何なのかを求め、太郎の足跡をたどったドキュメンタリー『岡本太郎の沖縄』。1/27(日)の上映後、葛山喜久監督と画家の坪谷令子さんのトークイベントを開催しました。

坪谷令子さんは、「天の瞳」「せんせいけらいになれ」など灰谷健次郎さんの著作の挿画で知られています。最初に沖縄を訪れたのは1974年で、約30年前に灰谷さんが沖縄に移住されてからは頻繁に訪れるようになったそうです。『久高オデッセイ』の大重潤一郎監督や沖縄の写真家・比嘉康雄さんらとも交流があり、映画でも中心に描かれる久高島には何度も足を運ばれています。

図書館で、表紙のおばあさんの写真にどうしようもなく惹かれて写真集「岡本太郎の沖縄」を手にしたことが始まりだったと葛山監督。写真集に感銘を受け太郎の著作を片っ端から読み漁り、中でも「沖縄文化論」に強く感動してその足跡をたどる沖縄の旅に出たそうです。そこで平良敏子さん(「喜如嘉の芭蕉布」重要無形文化財)と出会い、〈沖縄は女性の島〉だと感じたことから映画が構想されていきました。

故人の足跡をたどることがテーマでありながら、「“今”から過去を振り返る形ではなく、太郎から“今”を照射する作りになっている」との坪谷さんの投げかけに、「太郎は沖縄について〈自分を再発見した〉とまで言った。過去を紹介するのでなく、太郎同様に内観する視点にならないと意味がない。それは“映画”にしかできないと思った」と葛山監督。

撮った写真から見えてくる太郎の姿、太郎を“岡本太郎”たらしめたパートナーの敏子さん、そして太郎が夢中になった久高島の神事イザイホーなど、おふたりのお話は多岐にわたり、その知識の豊富さに驚かされました。解説になるようなお話もたくさんしていただき、より映画に描かれたものを理解する助けになる素晴らしいトークでした。

写真集「岡本太郎の沖縄」の表紙のおばあさんの写真は、どんな顔なのかと葛山監督はご親族の方に尋ねられたそうです。親族の方の答えは、「太郎を受け容れた顔」でした。さまざまな民族学者が彼女の写真を撮りましたが、厳しい表情のものばかりだそうです。太郎と沖縄は、確かに溶け合っていたと感じられるエピソードでした。

(mirai)


2019.1.26
レコードコンサート第6回“ジョン・カーペンター”を聴く、開催。

自分の好きな音楽を良質なスピーカーで聴きたいって思ったことありませんか。このレコードコンサート、通称レココンではこの想いを実現する場所です。

過去にはデヴィッド・リンチやベル・アンド・セバスチャンなどの音楽を映画の上映に合わせて実施してきました。今回は1/19より上映していた傑作SF『ゼイリブ』『遊星からの物体X』に合わせて映画監督でもあり、音楽家でもある「ジョン・カーペンター」の音楽を取り上げました。

ゲストにはDJとしても活躍する「ださくら」さん。当日は音源や自作の資料をご持参いただき、カーペンター愛をお聞きできました。特に「関係者ですが?」と言いたくなるくらいの知識量に驚きました。『遊星からの物体X』の冒頭でヘリコプターから降りたノルウェー人たち、実は制作側のスタッフを急遽起用して撮影したそうです。だから字幕が出なかったのか。でたらめ言葉はそういうことか。そういう雑学、作品がより面白くなる小ネタ満載の時間でした。

そして話は監督作でもある『ハロウィン』の話へ。1978年に作られた本作は低予算ながら大ヒット。続編(何度作るんだ!)の公開も迫ります。作中の音楽はカーペンターが電子音楽の教授と一緒に3日で作ったそうです。使った楽器は真空管シンセサイザーとピアノだけだったそうです。たった2つの楽器であれだけ重厚な音を作れるとは。ブギーマンの見た目と相まって本当に怖いです。ドア開けたら大男が立っている、それが一番怖いんです。結局。音楽を聴いている間、そんなことを考えていると時間はあっという間に過ぎていきました。

レココン、次はどんな音楽でしましょうか。その前にジョン・カーペンター映画見直したいと思います。

(芋羊甘)


2019.1.26
『毎日がアルツハイマー ザ・ファイナル』公開記念!関口祐加監督によるトークイベントを開催いたしました!

アルツハイマー型認知症と診断された母親を撮り続けたドキュメンタリー『毎日がアルツハイマー』シリーズ。このシリーズ三本目であり“ファイナル”でもある『毎日がアルツハイマー ザ・ファイナル』の公開を記念し、監督でありシリーズにも毎回登場する関口祐加監督をお招きし、トークイベントを開催致しましました。イメージそのままの語り口調で一時間を超えるアツいトークイベントとなりました!

まずは開口一番、流行りのインフルエンザの話題をきっかけに、ご自身が「パーソン・ケアード・ケア」を選択されるに至った経緯を、あっちをチクリこっちをチクリ。各業界へ“愛のある”皮肉を交えながら、聴衆の方々から時には司会を務めたスタッフまでも巻き込みながらお話いただきました。

母親ひろこさんや『ファイナル』に登場する山田さんの体験をはじめ、様々な取材を通して医療業界へのある種の不信感をもたれた関口監督。現在の状況のなかで我々がすべきことは「知る事」「一方的な情報弱者にならないこと」と強い口調でお話しされました。関口監督はわからない箇所があれば必ず徹底的に質問をされるそうです。

また在宅での介護に拘り家族が全てを抱え込む風潮のある日本ですが、介護には向き不向きがあり、できないことは専門職に任せないといけないと断言されます。本編中でも関口監督によるひろこさんの見事なまでの“いなし”が見どころです。しかし、こういった対応は個人の資質や環境の違いなどが当然あり、皆ができることではないと強調されます。向いていない家族が介護問題を抱え込んでしまい、介護者・被介護者双方が不幸になってしまうという状況が多々あるそうです。そこで出てくるのが、その家族に代わって介護をする専門職のスキル不足という問題があるそうです。前述の医療業界への不信感という話にも関わるようですが、医者・介護職ともに育成と教育の方法を見直すべきであると強く考えられているそうです。

実際に最近は、行政を巻き込んでの専門職の育成ができないかと模索されているそうで、途中お話しされていた『毎日がアルツハイマー』スピンオフの構想とともに、今後ますます関口監督の動向から目が離せないと思わせる、パワフルなトークでした。関口監督ありがとうございました!

(酒見)


2019.1.26
『ノーザン・ソウル』公開記念、“ヌードレストラン”ד元町映画館”スペシャル・ナイト開催しました!

1960年代にイングランド北部で生まれた音楽ムーヴメント、ノーザン・ソウル。その流れが最も加速した70年代を舞台に、青年の成長、英国ユース・カルチャーを描いた映画『ノーザン・ソウル』。全国上映を記念し、神戸で24年続くヌードレストランと元町映画館のコラボレーション・スペシャル・ナイトを開催しました!

ノーザン・ソウルとは音楽のジャンルではなく、クラブDJの個人的なセンスであり、レアな7インチシングルで踊れる曲であることが重要。そしてヌードレストランはノーザンソウルを中心とした50's〜70'sのダンスミュージックを提供するイベントです。1994年のスタートから現在進行形で古くて新しいリアルミュージックのみを提供し、最近では海外からも注目を集めています!

当日はヌードレストランの常連さん以外にも、初めてヌードレストランを訪れてくれた方も多くご来場いただきました。僕も数年前に初めて訪れた際の興奮を思い出しました!映画でも主人公が初めてノーザン・ソウルに触れた高揚が描かれています。
ヌードレストランのクルーの皆さんが、映画『ノーザン・ソウル』の雰囲気を見事な選曲でお伝えし、フロアは熱気に包まれていきます!

通常、全国順次公開の作品は東京の後、関西では大阪が先に公開になります。『ノーザン・ソウル』が東京・神戸同時となったのはヌードレストラン24年の活動あってこそです!ありがとうございます!

極上のノーザン・ソウルがかかる四時間はあっという間でした。フロアで軽やかに激しく踊っていたダンサーたちのように僕もいつか踊りたいです…

『ノーザン・ソウル』は2/9(土)公開です!JamJamの音響に負けないよう、当館でも音量大きめでお贈りします!
初日には公開記念パーティーをヌードレストランの北秋さんがオーナーの元町PUB KENNETHで開催です!映画を観た後は是非PUB KENNETHでノーザン・ソウルを聴きながら映画の感想を語り合いましょう!
そして毎月最終土曜のヌードレストランでノーザン・ソウルを体感してください!

『ノーザン・ソウル』“PUB KENNETH”公開記念パーティー→
PUB KENNETHフェイスブック→
NUDE RESTAURANT 公式ブログ→
毎月最終土曜に神戸元町ジャズ喫茶JamJamにて開催

(和田)


2019.1.26
甲南大学とのコラボイベント『サウルの息子』上映会開催!

甲南大学とのコラボイベント第6弾『サウルの息子』の上映会を開催しました。甲南大学にて行われている「横断演習」とのコラボ企画。この授業では文学部の学科の枠を超えて学生が集まりテーマを決めて授業に取り組む人気授業です。授業のメイン講師は田野大輔さん(甲南大学文学部社会学科教授)。専門はホロコーストやナチスについて。授業では学生たちに映像資料などを見せることでそのような行為への理解を深めていました。

そして授業の最後の内容がこの上映会。上映後には学生達による研究発表会が行われました。「アウシュビッツ=ビルケナウ強制収容所」や映画のテーマでもある「ゾンダーコマンド」「アウシュビッツを描いた映画」などを発表されました。

「ゾンダーコマンド」の発表では強制収容所内の囚人によって組織された労務部隊がどのような生活をし、虐げられたのか。そして映画でも描かれる反乱行為などを説明されました。生き残ったゾンダーコマンドは口を揃えて「人生が奪われた」「焼却棟からは永遠に出られない」という言葉が印象的でした。

田野さんも本作の見どころを紹介されました。「本作はゾンダーコマンドの役割を史実に対して正確に描いている。ハンガリー語を話している点も評価できる」とおっしゃいました。

このような形で大学と連携しての上映会は初めての試みでした。満席のお客様を前にした学生は今回の時間をどう思ったのでしょうか。気になるところです。これからも甲南大学とのコラボ企画は続きます。お楽しみに!!

(芋羊甘)


2019.1.15
1/12(土)『アストラル・アブノーマル鈴木さん』舞台挨拶を開催しました!

公開初日に主演の松本穂香さんと大野大輔監督にお越しいただき、上映前に舞台挨拶を開催しました。
“夜の連続YouTube小説”として配信されている全17話を【完全ディレクターズ・カット版】として再構築した本作。ほぼ満員となった初日回、映画版を鑑賞する前にネット配信版を見たという方も約半数ほどいらっしゃいました。

ドラマ版『この世界の片隅に』の主人公・すずさん役が記憶に新しい松本穂香さん。本作で演じる一人二役の鈴木ららと鈴木りりは、すずさんとは一転して一癖も二癖もある役どころ。上映前の舞台挨拶ということもあり、鑑賞後のお客さんの反応がとても気になると松本さんはおっしゃいます。

大野監督も本作が初の商業映画ということもあり、大衆向けの作り・編集に務めたつもりが「クセが強い」や「シュール」と言った感想が多いそうで、人によってはキョトンとされてしまうかもと鑑賞前のお客さまに控えめなコメントながらも、反応が気になるご様子。

見どころについて、激しい動きや大きな声を出すなど、初めてのチャレンジも沢山しているのでどうか暖かな目で見てくださいと松本さん。また “私は好きです…!”と松本さんが語気を強めた鈴木家にも、ぜひご注目ください!

上映後のサイン会は、大野監督と『ウルフなシッシー』の舞台挨拶にご登壇される根矢涼香さん(実は『アストラル・アブノーマル鈴木さん』にも出演されてます!)のお二人によって実施され、長蛇の列となりました。

『アストラル・アブノーマル鈴木さん』上映後の大野大輔監督特集では『ウルフなシッシー』と『さいなら、BAD SAMURAI』を日替わりで上映しています。(『ウルフなシッシー』→土・月・火・木・金、『さいなら、BAD SAMURAI』→日・水)

松本さんも監督の作品は後からジワジワくるとおっしゃるほど、中毒性の高い大野大輔監督作品たち。
『アストラル・アブノーマル鈴木さん』・『大野大輔監督特集』ともに一週間限定上映です!
ぜひお見逃しなく!

(まりこ)


2019.1.15
1/12(土)「ウルフなシッシー」大野大輔監督、根矢涼香さんの舞台挨拶を開催しました!

男と女の痴話喧嘩をシニカルに描いたコメディ「ウルフなシッシー」。「アストラル・アブノーマル鈴木さん」の公開を記念して「大野大輔特集」の一本として上映、主演の根矢涼香さん、大野大輔監督による舞台挨拶を開催いたしました!

主人公の売れない女優アヤコに根矢さんがキャスティングされた経緯について大野監督にお聞きすると、SNSで見たクールな印象のプロフィール画像から根矢さんに直接オファーされたそうです。根矢さん自身もSNSから役のオファーが来ることは初めてではなく耐性はあったとのことですが、大野監督から本作の脚本を渡され、「これは面白い!」と出演することを決めたとのこと。

「アスアブ鈴木」「さいなら、BAD SAMURAI」そして「ウルフなシッシー」と監督をしながら出演もしてる大野監督。特に「ウルフなシッシー」の役柄の印象は強く、実際の大野監督も劇中の辰夫みたいな感じだったらどうしようと思っていたのですが舞台挨拶は終始和やかに。「辰夫を演じてる大野さんが全く別の大野さんだとも思わない。平行線上で、振り切ってしまった大野さんが辰夫」とも根矢さんはおっしゃってました。辰夫という役柄の姿が内に秘めたる大野大輔監督なのかも、と思って見ると「ウルフなシッシー」の見え方も変わるのかもしれません。

「アスアブ鈴木」に友情出演としてクレジットされている根矢さん。舞台挨拶ではどこに出ているのかご本人からお聞きしましたが、「アスアブ鈴木」をご覧のお客様はお気づきになられたでしょうか?(ちなみに「アスアブ鈴木」のパンフレットにもどこに根矢さんが出ているのか、ネタバレが載っています!気になった方はぜひ「アスアブ鈴木」のパンフレットを手にとってみてください!)

「大野大輔特集」、並びに「アストラル・アブノーマル鈴木さん」は1/18(金)までの上映!

(石田)


2019.1.15
1/13(日)『ネルーダ』松本健二さんトークイベント開催!

チリの政治家・詩人ネルーダの映画『ネルーダ 大いなる愛の逃亡者』の上映を記念して、大阪大学外国語学部准教授の松本健二さんをお招きしてトークイベントを開催しました。

この映画でネルーダが書いている詩を松本さんは翻訳されており、昨年出版されています(書名は『大いなる歌』)。

松本さんには映画『ネルーダ』を巡ってチリの政治、自然、料理、ネルーダの女遍歴、詩、など広くお話いただきました。とても興味深いお話だったので全部を紹介したいのですが印象に残ったものを紹介します。

ネルーダはチリではたいへんな有名人ですが日本ではあまり知られていません。この映画にも出てきた詩片「今夜ぼくは最も悲しい詩が書ける〜」
ネルーダが若い時に書いた詩ですが彼の代名詞というべき詩の一片です。映画の時代設定はネルーダの中期にあたり第二次世界大戦後、大国アメリカと近いですから、アメリカの圧力に抗するか屈するかはチリの政治を左右します。

当時チリの大統領ビデラは第二次世界大戦後、親米に舵を切り共産党を非合法化します。ビデラはしかしネルーダの言葉巧みな選挙応援のおかげで大統領になったのですが。また当時ネルーダはソ連スターリンを礼賛するような共産党員。詩にもそれは表現されています。今から考えればスターリンがしたことを知らなかった訳ですから仕方ないことです。

詩人かつ政治家というのは少ない、実業家で詩人というのは、、
(辻井喬の名前を仰ると思っていると、客席から中野重治という声)
そうでした。古いですが中野重治はそうですね。

非合法の共産党員ネルーダを追う警官ペルショノー役のガエル・ガルシア・ベルナル、このイケメンのメキシコの俳優は両親が左翼エリートで自身も左翼、映画『モーターサイクル・ダイアリーズ』では若き日のチェ・ゲバラを演じています。ペルショノーは実在したらしくネルーダの詩には人名の他に固有名詞がたくさん出てきます。詩でもあり歴史の記録でもある不思議な本を書いたのがネルーダ。ペルショノーのセリフ「私も彼の詩の一部」とかそうですね。

ネルーダはチリの若い世代にとっては大きな目の上のタンコブでした。下の世代で最も反発したのがこの人です。(映画「リアリティのダンス」のチラシを掲げながら)詩人で映画監督のアレハンドロ・ホドロフスキー。彼はネルーダを全否定して出てきた人でした。

ところでチリ人はラテンアメリカの中では勤勉なんです。政治的にも時に極端に走りますがバランス感覚に優れています。 産業ではワインとか鉱業の硝石・銅が有名です。モアイ像があるイースター島もチリにあってネルーダは「おおモアイ」とか詩にしています。チリの食べ物でコングリオという魚のスープがある。(その料理の写真を掲げながら)トマトとニンニクの風味で美味しくてチリに行くといつも食べます。 この魚はウナギをとても大きくした感じの深海魚。ネルーダがこの魚を詩にしています。
「おおコングリオ、お前は皿の上で初めて空を見る」とか。深海魚ですから。

ネルーダは3人の女性と結婚していて、前の二人をそれぞれ捨てて、晩年は若い女性と結婚しているので評判が悪い。放蕩三昧もしていたようでマッチョな文化を隠さず作品に描いており、それにはゲイ文化も含まれていたりもします。

ネルーダがノーベル文学賞を受賞したのは1971年、1968年は川端康成、1970年はソルジェニーツィン、そういう時代です。お話では抜けていましたが1969年はサミュエル・ベケット、4年間でスペイン語、日本語、ロシア語、英語(フランス語)、当然ですが凄くヴァラエティに富んだ文学賞です。

駆け足で紹介しましたが、松本さんのお話はもっと自然でユーモアに満ちていました。映画『ネルーダ』は1/18(金)まで連日12:40から上映しています。松本さん翻訳のネルーダ著『大いなる歌』もぜひ併せてお読みください!

(高橋)


2019.1.15
『ガチ星』舞台挨拶開催!

1/13(日)『ガチ星』の公開を記念して、主演の安部賢一さん、江口カン監督、プロデューサーの森川幸治さんによる舞台挨拶を開催しました。

みなさん、もがいていますか。

「もがく」という言葉が舞台の一つでもある競輪選手養成所などで使われています。ゲストの安部さんは約20年、東京で俳優活動し、本作のオーディションに合格しなければ俳優業を引退する予定だったそうです。子どものときの夢はプロ野球選手、そう本作の濱島浩司とほぼ同じ境遇。結果、最初のオーディションでは落選。その時の印象を監督にお聞きすると「初対面はシュッとしていて求めていた濱島と違った。こんな男前でシュッとした芝居だからつまらなかった」とおっしゃいました。

それでも安部さんに決まった経緯をお聞きすると「最後に東京で行われたオーディションでまた落としたんだ。そして本当に泣いて懇願された。気色悪い話でしょ、良い年したおっさんが」と言うと会場からは笑いが。「でも、それが濱島のようにかっこよさを捨て、もがいていた」とおっしゃいました。

監督は「『みちのくプロレスのザ・グレート・サスケさん』のように応援してくれる人も出てきた。『もがいている、もがかなきゃならない人には響いている作品』とおっしゃいました。

今回、安部さんは初の神戸で運命的な出会いがあったそうです。「15年前、将来を考えてある占い師に相談した。さっき偶然、商店街を歩いていたらその占い師さんを見つけて挨拶してきました」。15年前の相談ごとを覚えており、「ほらね、役者を続けて、私に感謝することになったでしょ」と。この話には会場からどよめきが。占い師が安部さんの顔もアドバイスも覚えていたから驚きです。でもこの話に監督は「俺じゃなくて占い師に感謝してるじゃん」、確かに!!

最後に監督は「濱島はクソみたいな男ですが、ぜひもがいしてほしい」、安部さんは「役者を諦めかけた私だけど、この作品を観てもっともがいていこうと思います」とおっしゃいました。

もがいた先に何があるのか。あがいて、もがいてみようと私も思います。『ガチ星』は1/18まで上映。

(芋羊甘)


2019.1.6
1/5(土)『馬の骨』桐生コウジさん舞台挨拶開催!

イカ天バンド「馬の骨」ボーカリストで俳優に転身した桐生コウジさんが、自身の体験をもとに脚色し、過去に囚われる男と未来を夢見るシンガーソングライター志望の女の子の交流を描いた『馬の骨』。公開を記念して、主演・監督・脚本を務めた桐生コウジさんの舞台挨拶を開催しました!

イカ天とは、1980年代後半に第二次バンドブームの火付け役となった伝説のテレビ番組「三宅裕司のいかすバンド天国」という番組です。FLYING KIDS、JITTERIN’JINN、BEGIN、たまなど多くの個性的なバンドを排出しました。桐生さんの馬の骨も実際にイカ天に出演され、審査員特別賞を受賞しています。受賞時の審査員の方に映画出演のオファーを考えたそうですが皆さん他界されていたそうです…

映画の着想はラストシーンからでした。桐生さんが雨の工事現場を通りかかった時に、投光器からの光がアスファルトの上でスモークのようにきらめき、重機の音がすごくロックでこれを映画にしようというところから始まりました。そして終わりから戻るように作っていく中でイカ天、馬の骨が付けられて行きました。冒頭のイカ天のシーンは実際の番組の映像を使っていますが、権利料が予算の中で一番高かったそうです。桐生さんは音楽から出発し、俳優、監督と進んでいく中で自分は何がやりたいんだろうと30年間自問自答し続け、その葛藤から本作の主人公の熊田が生まれました。

劇中で小島藤子さんが歌う「やまない音」は彼女が歌詞を書き、桐生さんが10分ほどで作った曲だそうです!時間がなかったからとご謙遜されますがすごいですね…
小島さんも半年間ギターを練習し、本番に臨みました。劇中では本人による素晴らしい演奏を披露しています。ライブハウスでの弾き語りは見どころの一つです。
シェアハウスのオタク役を演じる深澤大河さんはファンをとても大切にする優しい好青年だそうです。いかにもなオタクではなく、普通の大学生のように見えるが裏では…という役がぴったりでした。

ライブシーンで使われる老舗のライブハウス、新宿JAMは撮影後すぐに取り壊されました。楽屋のシーンではよく見ると画面が揺れていますが、老朽化が進み床が抜けていて人が動くと三脚がずれてしまうためだそうです。
新宿JAMが作品に残ったのでファンやミュージシャン、関係者には喜ばれています。

桐生さんがスタッフを信じて完成された本作品、元町映画館では1/11(金)までの上映です!是非、劇場でご覧ください!

(和田)

本日の上映作品

Tweets